2011/02/14 20:57
テーマ:妄想 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

バレンタイン王子

Photo

photo by Sugi


す様~~~

貼った途端、盗んでスミマセン~~~滝汗

あと、数時間でバレンタインも終わっちゃうんで~~~

お目こぼし下さい~~~~

素晴らしいです~~~~♪







えっと、サークルに、8&17話裏ミニョンさん、

伏字なしでアップしました~~~

よろしければ、SOBでお付き合い下さい~~♪




で、、、、、

昨日の記事の※欄、

王子と××ちゃんママ妄想で盛り上がったので

(あたしだけっ?!)

一応貼っときます~~~


長くてスマソ~~~



実在の人物・団体とは、一切関係ございません爆




ああ、あたくしが××母だったら~~~~~~(*´д`*)ハァハァ
とてもじゃないけど、ここには書けないことをするわ~~~~

まず、出番が終わって帰る時のあいさつだけど、、、、
(・・・って、書いてるじゃん!)
××が、大ファンになりまして~~~~とかなんとか言って、
そうね、、、年末だったし、
年賀状をお送りしたいと言ってるんです!!!なんちて。

これで、事務所に送れって言わないわよね?ふふふ・・・
ほんでほんで~~~~~
自宅住所をゲトしたあかつきには~~~~~

やっぱバレンタインまで溜めといて、、、、、
まさに今日!!!!
娘手作りのチョコ&泣けるレターかなんか送って~~~~~
無理やり韓国での仕事をブッキングしとくの!!!
ホワイトデイ近辺に~~~~ぎゃははh~~~

ほんで、王子からお礼の電話とかくるじゃん?
「実は今度、、、韓国にうかがうことになって~~~~」ハアハア


でさでさ!!!!!!!!!!!!!!!
まあ、ホワイトデイ近辺のその日、
こども連れだけど、仕事が終わってからって関係で、
夜、なんか食事に行くワケだ、、、、

ほんでほんで~~~~
××ちゃん、お仕事の疲れもあって、帰りの車の中で寝ちゃうのよね♪
(当然マイバッハ)

それからそれから~~~~
ホテルまで送ってもらう途中だったんだけど、、、、

「困ったわ、、、、××、最近すっかり重くなって、、、
お部屋までだっこできるかしら?」く~~~~~~ワザとらしい~~~!

ほんで王子がお部屋までお姫様だっこしてあげるのですよね~~
あ、王子、重かったら無理しなくてええです、、、、汗、、、、、

・・・それで、ベッドにねかさなきゃイケナイでしょ?
ってことは、まあ、いいホテルでターンダウン済みだとしても~~~

掛け布団をめくって、シーツをモロだしにする作業が必要になり~~~

ってことは、室内にオトナ二人きり~~~~ワクワク
で、御存じの通り、靴脱がせたりとか、色々あるわけで~~~~

王子には、お礼を言いつつ色々やってると~~~
「お母さんって、、、、大変なんですね」

 

キタ━━(゚∀゚ )キタ ( ゚∀゚) (。A 。 )キタ ━━!!

 

 

 

「・・・ご主人は今どちらに?」

「あ…ちょっと、事情があって、、、
今、一人でこの子を育てているんです」

「そうだったんですか…すみません、立ち入ったことを」


亭主もちだと思って、安心して、のこのこ部屋まで入った王子~~~
ふと我に返ると、妙齢の婦人と夜のホテルの密室に~~~@@

「あ…僕、これで失礼します」
ドギマギする王子、、、(*´д`*)ハァハァ

「すみません、どうもありがとうございました…
お茶もお出ししないで、、、」

「いえ、今日は楽しかったです」

いままさに王子が帰ろうとするその時!!!!!
寝言を言いだす××ちゃん!!!

「パパ、、、パパ、、、行かないで」

超ご都合主義~~~~~~大爆~~~~!!!

××ちゃんの様子が気になりベッドのところまで戻る王子……
軽くうなされてるモードだとベスト←鬼?

「この子には、、、、ずいぶん負担をかけてしまって、、、
大人の都合で……
全部わたしが悪いんです、、、
わたしが、もっと我慢できていれば…」

「……」声をかけられない王子、、、
でも××ちゃんがうなされないように、手を握ってあげている(*´∀`)ホウ

「この子にこんな思いをさせて、、、、
でも、私には言わないんです。
パパに会いたいなんて、、、、一言も、」
泣き顔を見られまいと、後ろを向くワタクシ←いつの間にっ?!

ぐっとくる王子

 

 

 

「僕…でよかったら、、、」

「え?」振り向くアテクシ…その目には涙が~~~~~
さらにズキンとくる王子爆

「今日は、僕が××ちゃんの…パパになります」

「そんな、、、ご迷惑ですから……
そのうち、もっとぐっすり眠ってしまいます。
そしたら大丈夫ですから、」

「だって、ホラ」

××ちゃん、王子の手をぎっちり掴んで離しやしない、離しやしない~~
ええ仕事します。爆。
ユジンオンマか?@スカート掴み

携帯から電話してマイバッハを帰らせる王子~~~~爆~~~
おろおろするアテクシ~~~~

「あの、本当に大丈夫なんです。
ご迷惑になりますから、、、、」

「いいんです。
僕が、、、ここにいたいんです。
……僕こそ、、、ご迷惑ですか?」

 

 


「そんな、、、そんなことありません!」

「イベントで、××ちゃんと会った時・・・」

「え…え」

「すごく可愛い子だなあ、って…羨ましかったんです」

「あ・ありがとう…ございます」

「相手もいないのに…早く結婚したくなりました」

「……」

「でも気付いたんです・・・今日、ゆっくりお会いできて」

「……?」

「結婚したくなったのは、、、あなたみたいな…
一生懸命でステキな女性が……欲しくなったから」

「そんな…そんなことありません、私……
買い被りです!
ヨンジュンさん、止めて下さい、、、あ、、、、」

「僕、本当に××ちゃんのパパになれるみたいですね?」以下r





 

 

 

と、いう話だったとさ、、、、と。

 


「何してるんですか?」

 


「ひっ!!!いや、なにも、えっと」

 


「……また、こんなの書いて」

 

「(´Д`;≡;´Д`)アワアワ」

 

「失礼ですよ?××ちゃんのママに」

 

「だって、、、、続き…ってねだる人がいて~」

 

「僕、、、、これじゃあ、物凄い女好きでしょう?」

 

「……違うの?

あ、そうだ!チョコ見せて!!!」

 

「また誤魔化す」

 

「ね、ね、どん位もらった?

あれ?なんで手ぶら?」

 

「口に入るものは、持ち帰るのを止められてるんです」

 

「ええええええええええええ@@

楽しみにしてたのに~~~~~

きっと、ピエール・マルコリーニとか、色々来てたよね?」

 

「ああ、、、あったかもしれません」

 

「なによ……ケチ」

 

「あの…あなたのは?」

 

「え……いや、きっと、、、いっぱいもらうだろうなって」

 

「……無いんですか?!」

 

「チョコは、止めといたんだけど、、、、、」

 

「わあ、何だろう?

え、、、、これ、、、、、コン×××?」

 

「チョコ味なんだって!」

 

「………」

 

「えっと、、、ウケるかと思って、、、、

×××マニアに行ってきたんだけど……

……ツマンないみたいね?」

 

「これだと、、、僕は、チョコ味、判りませんし……」

 

「あ…」

 

「プレゼントなら、」

 

「ちょっと待って!」

 

「生×××を」p~~~~~~

 

 

生チョコです。

・・・・・・ええんかな、コレ?



で、、、、、

教授は、これでグラミー賞を獲ってほしかったっす!





[1]

TODAY 273
TOTAL 3472498
カレンダー

2011年2月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
ブロコリblog