2008/05/06 11:07
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

Photo

「何もしませんから・・・」と言う彼の言葉に「当然です!」と言い返しながらも、動揺している自分を彼に悟られたくなくて、私は早足で、観光案内所を出た。

彼とひとつの部屋に宿泊することに対して、そんな場面は、微塵も思い浮かばなかった。

 

私は、ただ、病室で感じた気詰まりを、また、ホテルで彼も感じるだろうと思って、「どうしますか?」と聞いたのだ。

何もしませんから・・・?そんなこと、あえて口にする必要があるのかしら、と私は思った。

今まで意識していなかったことを、意識せざるを得なくなって、私は早くも彼との宿泊を決めたことを後悔し始めていた。

 

そんな気持ちが顔つきに表れたのだろうか。

彼は、ハイヤーに乗り込むと、「先ほどは、失礼なことを言いました」と言った。

私は、なんと言ったらいいのか、解らずに黙っていた。

           

「宿は取れましたか?」と、運転手に聞かれた。

私が、「はい」と短く答えると、「そりゃあ、良かった。この時期、野宿ってわけにもいかないもんなあ~」と言って、大きな声で笑った。

 

私たちは、運転手の勧めで、七日町の郷土料理店で、昼食をとることにした。

囲炉裏がある部屋で、会津の郷土料理を食べた。

「鰊の山椒漬」「棒だらの煮物」などの魚料理は、韓国人の彼の口に合うかと、心配したが、彼は、おいしいと言って食べていた。

 

和洋折衷の調和の取れた個室は、落ち着いた佇まいで、塵ひとつ落ちていない床は、黒光りするほどに磨きこまれていた。

客を迎え入れるため、心地よい空間を提供しようと言う店主の心遣いが感じられた。

 

郷土料理店を後にした私達は、老舗のろうそく店に立ち寄り、職人の熟練した技に、しばし目を奪われた。

「やってみてはいかがですか?」と言う、女性店員の言葉に、私たちは、乳白色のろうそくに、思い思いの絵付けをした。

出来上がったところで、彼が「交換しましょう」と提案した。

 

彼が差し出したろうそくには、ピンクの花びらを散らせている桜が描かれていた。

散る間際の、いっそう美しい桜を連想させる彼のろうそくを見たら、自分のろうそくがひどく幼稚に思えて、絵柄を隠すように私はろうそくを握り締めた。

彼は、私の手からろうそくを抜き取ると、「かわいい・・」と言って笑った。

ピンクの手袋をして、頬を赤く染めているろうそくの中の「雪だるま」は、今の私そのものだった。

           

「次は、有名な酒蔵へ行きますか?」

運転手に促されて、私たちはろうそく店を出た。

良い米、良い水、そして会津の冬の厳しさは、酒造りにもっとも適していると言われているそうだ。

酒蔵の中を見学する為には、事前に予約が必要だった。

見学はあきらめて、「きき酒コーナー」で、地酒を試飲することにした。

 

久し振りのアルコールに彼は感動したようで、薦められるがままに何杯かのお酒を飲み、そのうちの一本を購入した。

私は、匂いをかいだだけで、酔いそうなので、試飲も丁寧に辞退した。

 

その後、武家屋敷に向かい、そこを出た時には、辺りは薄暗くなりかけていた。

「ちょうどいい時間だと思いますよ」と、運転手は、鶴ヶ城に向けて車を走らせた。

鶴ヶ城に着いた頃には、薄闇の中、すでに何本かのろうそくに明かりが灯され、幻想的な雰囲気を醸し出していた。

 

夕方になったせいか、寒さが増したような気がした。

私は、コートの襟を立て、肩を抱いた。

そんな私の様子を見て、彼は「寒いですか?」と言いながら、首に巻いていたマフラーを取ると、私の首に巻いてくれた。

「いいです・・・大丈夫です」と言いながら、巻いてくれたマフラーを取ろうとした私の手を制して、「風邪を引いたら、僕のせいになる・・・」と、言ってもう一度巻き直してくれた。

彼の顔があまりに近くて、視線を合わせているのが照れくさくて・・・、私は慌てて横を向いた。

 



[コメント]

1.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 12:15 C. wakabayasi

マフラーのくだりに、冬ソナのチュンサンとユジンのスキー場でのシーンが甦りましたが・・・・・・女性のイメージは、ユジンではしっくりこないし・・・・・ いよいよ、先の展開が気になります。


2.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 12:59 ゆき☆

こんにちは。連休最後の日にアップありがとう。この先、期待してま~す。^m^ 会津はまだ行った事ないけどなんだか情景が言葉から浮かんできますよぉ~


3.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 13:34 anohitohaima

インスもマフラーしてたんだ。やっぱり愛のアイテムは欠かせない。郷土料理に、ろうそく作り、利き酒、幻想的な鶴ヶ城、二人のぎこちない思いは同じものを感じながら、寄り添っていくのが目に見えるようだわ。凍りつくようなゲレンデがミニョンとユジンの心を近づけたように・・・インスのぬくもりがユキさんの心にどんな灯をともすのでしょう。初夏の日差しの中で、寒い会津を想像しています。


4. C. wakabayasiさん、こういうコメントをいただくと・・・

2008/05/06 13:54 ゆあ

書いてよかった・・・って、本当にそう思います。本職の作家なら、作者冥利に尽きる・・・と言ったところでしょうか。ヨンジュンが演じたいろんな人物が、私の中に、どの人も愛しい人・・・として住んでいます。彼らの見せてくれた仕草や行動を再現したい・・・そんな思いでいつも書いています。ですから、鮮やかに「冬ソナ」のあの場面を連想してくれた、 C. wakabayasiさんに、感謝・・・です。


5.ゆき☆さん、今回も・・・

2008/05/06 13:57 ゆあ

「ユキ・・・」と囁くシーンがなくてごめん。色っぽいシーンはもうしばらくお預けで・・。私も会津は、息子がまだ、赤ちゃんのときに行ったきり。それも夏だったので、猪苗代の方に行っただけなんです。お城もチラッと見たかな・・・そんな印象しかないのよ。だから、「うそ」も入ってます。


6.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 13:58 カナリーグラス

「会津に行って下見をしてきたの・・?」というくらい、二人の会津の旅は違和感なく読んでます^^  インスの「何もしませんから・・」という言葉が、それまで無意識だったユキの気持ちを気付かせたかもしれませんね。。 変に気にするのもおかしいけど、気になっちゃう~というあたり、「ゆあさん、うまいわぁ・・・^^」   5月になって気温の高い日も多くなってきたけど、このお部屋だけは まだ寒いまま・・。  続きを待っています。。


7.anohitohaimaさん、私たちにとって・・・

2008/05/06 14:03 ゆあ

「マフラー」は愛のアイテム・・・?確かにそうですね。「冬ソナ」で、道に迷った時は・・・といって、ユジンの首にマフラーを巻いてあげるミニョン。コンサート会場に向かう時に、ミニョンにマフラーを返すユジン。どちらも大好きなシーンです。撮影中、おそらく寒くて、手放すことはなかったであろうあのグリーンのマフラー。マフラーに移ったヨンジュンの残り香を知っているのは、チェ・ジウssiだけね。


8. カナリーグラスさん、毎日、3行ずつくらい・・・

2008/05/06 14:13 ゆあ

書いていたこの12話。ちょっと書くと眠くなってしまったり。「。」のあと、一文字も浮かばなかったりで、前回から、かなりの日数が経ってしまいました。冬の間に終るはずだったのに、もう5月。大阪でイベントが行われる日が来ても、ここだけは「冬」かもしれない。


9.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 15:58 fukuyong

こんにちは。今の気温がリビングで23度ですので気持ちが良いです。日々の忙しい生活の中で、「創作物語」まで手がけておられるゆあさんは、凄いですね。昔は孫達と会津方面にもドライブをしました、今頃の季節で爽やかな景色だけは憶えています。。インスの「何もしませんから」という言葉は変に意識をしてしまいますよね。インスは真面目なんでしょうね。「冬ソナ」のあのスキー場でのミニヨンさんがユジンにマフラーを巻いてあげるシーンが蘇って重なりました。インスを書いているのにごめんなさいね。ミニヨンさんの温もりを感じてしまいました。無理をなさらずに、次回もよろしくお願いします。


10.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 19:36 カサブランカの夢

ゆあさん、こんばんは。会津の様子、観光等、良く描写されていて、彼とゆきさんの姿が、目に浮かんでくるようです。こんなふうに二人でたとえ恋人同士でなくともよいから、歩いてみたいですね。


11.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 20:56 kaoru922

むむむ・・・ふむふむ・・・ヌーンサラム??(雪だるまです?)ピンクの手袋も頬のピンクも凄い想像力を掻き立てますっ^^;マフラーはもしかしてミニョン巻??そこまでいったらね〜スビバセンネ〜(すみません)会津の絵ろうそくは有名、幽玄的な魅力だそうです。運転手さんも心得ておりますのぉ☆桜の季節の会津は最高だそうです☆鶴が城と桜・・・一度見てみたいなぁ〜好きな人と一緒に、福島は桃と梅と桜がいっぺんに咲くところだそうです^^いいところをチョイスしましたゆあさんに乾杯・・会津の地酒で。オモオモ!@@!何に酔いそうなのかもう〜〜ふらふらです@〜@;待ってたもんね〜♪


12.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 21:01 歌姫ちゃこちゃん

ゆあさん♪ 楽しんで書いてるのが 手に取るように分かります(^_-)-☆ その調子!もう自分の好きなように 料理しちゃってください♫ ろうそくの絵つけ・・・それが雪だるまだったり。マフラーを巻いてくれて 「風邪をひいたら僕のせいになる。」・・・っていうセリフも とってもゆあさんらしい発想♫ このセリフ 私も気に入った~\(^o^)/ 言われてみたい!


13.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 21:48 空

「何もしませんから・・」 そ・そ・んなぁ~~残念!と思ったのは、、、私だけ(><)。。オ~ホホホ。。会津のツボを知っていますねえ・・・さすがぁ~ゆあさん^^。物語を読んで行くうちに・・私の心は優しいぬくもりのマフラーに包まれて、すっかりユジンになりきっています。いやしい心から純粋の乙女になりました^^v。。ますますこれからの展開が心をそそります。


14.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/06 23:37 rizu

ゆあさん^^こんばんは(^0^)/ こちらは何時もロム専でごめんなさい。レスを入れようにも時がズレズレで・・・つい・・^^;最初に受けた印象とは違い、いよいよ長編小説の感が色濃くなってきましたね。インスはやっぱりインスssiに見えるし、ユキはソヨンでなく、ゆあさんに見えるの~って私、ゆあさんのお姿を拝見したことないので、判りませんが、「何もしませんから」って言われて「当たり前です!」と即答した辺りが、文章から受けるゆあさんのイメージにピッタリなんだ^^!! 私だったら一瞬固まって「はぁ~(ーー#)?」とか言って帰っちゃいそうです。でも・・それもヨンジュンなら許してしまいそうですが・・^^;マフラーの件りは皆様と同様、冬ソナのスキー場でのミニョンとユジンが浮かびました。冬ソナは根強い記憶ですからね^^!・・・ところで、9話は何処へ行ってしまったのでしょう~^^??私のPCだけ無いなんて事は有る^^?


15.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/07 04:51 聖なる彼とmie

ゆあさん・・・いつもお疲れ様、小説を書く事はその土地の事柄 郷土の料理屋、風習、みやげ物色々な事前調査が必要ですよね~読むのは早くても書く事は楽しいながらも色々ないままでの 過程がしっかりしていないと辻褄が合わなくなりますもの。長編になると大変ですよね~作家さんのご苦労がわかります。 ゆあさんはご主人は単身赴任ですか?たまに帰ってくるとどうしても家族の事を知りたくて細かくなる事がありますよ~我家もそうでした~^^;インスはユキがお気に入りのようですね~!寂しさからなのか?彼女の存在が彼には大きく見えるんでしょうね! 私は夢を見ました・・・いつもリアルなんです!カラーつきを見ます・・・やっとヨンジュンと友だち以上になりましたよ~^0^ 本当は好きな男の人とは身も心も結ばれたいのでしょう^0^ 理性よりも夢でも女でありたいのがヨンジュンファンなんでしょうね~これからインスがユキをどう扱うのか?ユキはインスがすきなの?好きなのはインス?[何にもしないから」は男なら誰にでも言うものよ!好きでなくても結ばれてしまうのが男女の仲ですから・・・分かれられなくなるのは結ばれている事が多いと想う^0^ それだけセックスは重要な要素ネ~!次が楽しみです^0^ 寂しさと同情が一つになるのかしら?いつも有難う!


16. fukuyongさん、おはようございます

2008/05/07 06:44 ゆあ

昨日は本当に暖かい一日でした。GW最終日。子供達はそれぞれでかけ、(息子は部活ですが)夫と二人、家で過してました。夫は、レンタルしてきたDVdをずっと観つづけ、私は、「インス」の創作を書き、無料動画配信で、「ホテリアー」を観ていました。子供が小さいときは、家族で出かけたのに・・・。大きくなると、こんなGWなんですね。


17.レスをくださった皆様へ、すみません

2008/05/07 07:29 ゆあ

今から、出かけますので、帰宅後、お返事させていただきます。いつもすみません。


18.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/07 15:56 淡い緑

ゆあさん、はじめまして。  いつも主人公を自分に置き換えて、ドキドキしながら読ませて頂いています。いつも素敵なお話をありがとうございます。^^


19. カサブランカの夢 さん、こんばんは。

2008/05/07 22:03 ゆあ

今朝は失礼しました。新宿に「太王四神記」を観に行ってきました。上映開始時間に間に合うように行く為には、8時前には家をでなければならず、いつもバタバタと仕度をして、出て行くんです。残すところ、あと2話になりましたね。なんだか、淋しい気もしますね。「創作」は、予想以上にスローテンポで、忘れられそうですが、何とか頑張って続けたいと思っていますので、お付き合いくださるとありがたいです。


20. kaoruさん、「講釈師見てきたように嘘を言い」

2008/05/07 22:08 ゆあ

と、言う言葉がありますが、実体験したように・・・書くのはなんだか気が引けます。ヨンジュンとこんな風に過したいな・・・そんな願望満載の「創作」は、まだまだ、終わりそうもありません。心は、イベントのことで、熱く燃えてるのに、寒い季節のことを書かねばならない・・・。一気に春に飛ぶわけにも行かないしね・・・。


21. 歌姫ちゃこちゃん 、うん・・私も言われてみたい・・・

2008/05/07 22:11 ゆあ

それに、ヨンジュンの移り香たっぷりのマフラーもほしい。損なのはお宝中のお・た・か・ら。サインなんかよりずっと値打ちがありますね・・・。ヨンジュンに言ってほしい言葉をそのままインスに言わせますので・・・これからは、ますます「インス」は、私好みの男に変わります。


22.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑫・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/05/07 22:15 ichigo

今日は、昼間は夏のような日差しでした。でも、こちらは今回は冬ソナの香りがして、インスがいて・・・ほんと素敵。インスの方が先にユキのこと好きになったのかな・・・ユキももちろんインスのことすごく気になってるよね。私は会津には行ったことないので、想像の世界の中でインスとユキがいます。楽しみにしてます。今日は、GWの疲れを癒すかのように(家にいても、ゆっくりDVDやPCも見れなかったので)タムドクを見続けておりました。


23.空さん・・・「何もしませんから・・・」と・・・

2008/05/07 22:54 ゆあ

紳士的な人が私は好き・・・。嘘かホントかは別として・・・(笑)インスがミニョンになったり、ドンヒョクになったりしますが、驚かないでね。気持ちは焦っても、何も決まらない大阪行き。大阪は大都市だから、ホテルは、たくさんあるだろうと・・・のんびり構えているんですが・・・。


24. rizu さん、「9話」は、間違って、「保存」してました。

2008/05/07 23:08 ゆあ

写真もインスじゃないものに変えてしまっています。もう誰も、見ないだろうなんて思って・・・。「よし!書こう!」って、気合入れないと、書けないもんで・・・。ついこんなにだらだらと続いてしまって。一日数行・・・なんてペースじゃ、ラストはいつになることやら。


25.聖なる彼とmieさん、「公式」では書けないことを・・・

2008/05/07 23:13 ゆあ

ここではある程度なら、書いてもいいと思っているので、「創作」もその線で行きます。ただ・・・その瞬間までの道のりが長すぎて・・・。いくらなんでも、その日のうちじゃねぇ(笑)決定的瞬間まで、どうぞお付き合い下さいませ。


26. 淡い緑 さん、お褒めの言葉ありがとう。

2008/05/07 23:15 ゆあ

自己満足の「創作」です。私のヨンジュンに対する願望のみの「創作」です。話すことも、近く出会うことも叶わない人ですが、大好きです・・・という思いをこめて、ラストまで、書きたいと思っています。


27.ichigo さん、今日も大画面で見てきました。

2008/05/07 23:19 ゆあ

最終回まで、あと2回。新宿通いも、あと1回です。私も会津は、はるか昔に行っただけで、実はよく知らないの。彼と行きました・・・なんて思い出があればいいんだけど、家族旅行だったので、ただ、子供の世話ばかりしていた思い出しかないです。オムツ、ミルク持参の色気抜きの旅行でしたから。


 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 109
TOTAL 3646486
カレンダー

2024年7月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブロコリblog