2013/06/26 07:59
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(全般)

いずこも同じ思い。

Photo
























≪太陽を抱く月≫は終わってしまったけれど。

気に入って毎週楽しみに観ている韓ドラが、

ただ今2作品。

≪イ・サン≫と≪いとしのソヨン≫



≪イ・サン≫の中でイ・ソジン演じる王様は、

≪太陽を抱く月≫のキム・スヒョンに、

負けず劣らずのカッコよさです。



いいな~と思うと、

ドラマとは別のコトも知りたくなるのが私の性格。



イ・ソジンはペ・ヨンジュンより、ひとつ年下。

今年40歳。

なのに(って言ういい方も変ですが)

独身なんですね。

(ちょっとうれしかったりする・笑)



そのイ・ソジン。

来月、日本でファンミーティングを行う予定。

河口湖にて、1泊2日の日程で。

「ファンの方々との初の旅行にドキドキしてます」

みたいなコメントも見かけました。



1泊2日で約70000円。

これを安いと見るか高いと見るかは、

それぞれの価値観。



ファンのブログを覗いてみたら、

参加が決まっていて「楽しみ~!」と歓喜する人。

「泊まりじゃ無理だわ~」と、残念がる人。

いろいろです。



ペ・ヨンジュンの「コーヒーツアー」の時の

皆さんのコメを思い出して、

いずこも思いは同じ・・・

と、思わず笑ってしまいました。



同じ思いは、それだけではなく。

「こういう企画もいいけど、新作はどうなった~?」

「俳優としての活動、心待ちにしてるのに~」

こちらも、

ペ・ヨンジュンの登場を待つ≪家族≫の思いと

似ています。



俳優のファンになったからには、

俳優としての活躍を期待する。

その思いは、いずれのファンも共通ですね。





ファンミ・・・と言えば、

≪太陽を抱く月≫のヤンミョングン・・・

チョン・イルのファンミ。

会場は世田谷のあそこ。



≪アニ・ソナツアー≫のあと、

DAの社長とヤンさんが、

謝罪になってない謝罪をしたあの会場。



いい思い出の場所じゃないけど、

小規模って言うのが魅力。



だけど・・・。

ペ・ヨンジュンとユン・シユン。

ふたりだけで今の私は手一杯(笑)



                               






2013/06/20 08:54
テーマ:韓国ドラマ カテゴリ:韓国俳優(全般)

ヤンミョングンは「ヤンミョン様」?

Photo
















ドラマでその役がよかったからと言ったって、

会員登録して(会費払って)、

ファンクラブ会員になろうって言うほどでもなく。

でも、会ってみたい気もします。

(ミーハーな性格なので)




≪太陽を抱く月≫は、

ラストに近づくごとに、

注目は陽明君(ヤンミョングン)になった、私。



そのヤンミョングンさまが8月に来日するらしい。



「ヤンミョングンに10000円?」

は、娘の発言。

10000円とは、ファンミのお値段(予想)。




シユンの時は、一瞬たりとも迷わなかったから、

そこは、大きな違い。




ところで、

私は「ヤンミョングンさま」なんて言ってますが、

名前は「ヤンミョン」?

そのあとに付く「君(グン)」は敬称なの?



「さま」を付けるなら、

「ヤンミョンさま」が正解・・・?




≪太陽を抱く月≫の陽明君(ヤンミョングン)役。

当初は、≪製パン王キム・タック≫にも出演した

チュウォンがやるはずだったのね。



ところがチュウォンは、

≪烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち≫に出演中で、

辞退した・・・。



・・・で、

チョン・イルに、

その役が回ってきたと言うことらしいです。



チュウォンファンには申し訳ないけど、

ヤンミョングン役は、チョン・イルで当たり!でしょ。



その分、

チュウォンは≪烏鵲橋~≫で大当たりしたしね。



ずいぶん前、

≪冬ソナ≫のチュンサン役は当初自分に・・・と、

発言された俳優さんがいますが。



その俳優さんが実際、チュンサンを演じていたら

同じように≪冬ソナブーム≫は起きていたかしら?



同時に、

ペ・ヨンジュンの俳優人生は、

どのようになっていたのかな・・・と、

ふと考えたりします。





「様(さま)」と言えば、≪ヨン様≫

「君」と言えば、≪光源氏(光の君)≫

かつて、「公式」では、

光源氏に扮したペ・ヨンジュンを想像して、

盛り上がったこともありました。




待ち続けるかの君・・・ペ・ヨンジュンssi。

ソウルで元気にお過ごしかしら。



                          





2013/06/17 08:01
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(全般)

パク・シフ主演映画≪殺人の告白≫

Photo
























知り合いにシフニムのファンがいます。

ずいぶん前に「ブログで映画のPRをするね」

と、約束しておきながら、

観ないことにはPRできないことに気づきました。(笑)



・・・で、≪殺人の告白≫

昨日、観てきました。





(ファンクラブから贈られたハート型の応援ボード。↑)



シフニムファンは、必見の価値ありと思いました。

内容については書きません。

ネタバレしてしまうと、

これから楽しむファンに申し訳ないですから。



ドラマとは違う「パク・シフ」を十分楽しめる作品です。

水着姿も見られます。(と、ちょっとネタバレ)



シフニムの肉体美(?)。

これはファンにとってはたまらないだろうな・・・

と、思いました。(笑)




(来場者の映画の感想や、シフニムへのメッセージ↑)



≪殺人の告白≫は、

シフニムの初主演映画だそうで・・・。

例の件がなかったら、

もっと大々的に広告されたと思うし、

初日舞台あいさつもあるいは、

あったかもしれません。



ペ・ヨンジュンで、

大きな映画館を経験している私にとっては、

正直言って、

小さな映画館に少し戸惑いました。



同時に、

日本での上映決定にたどり着くまでの道程には、

いくつもの壁があったんだろうなとも思いました。



実現できた理由のひとつには、

上映を願うファンの熱い思いがあったことは、

間違いないですね。



ペ・ヨンジュンがスクリーンの中にいるだけで・・・。

それだけでいい・・・と、感じた≪四月の雪≫初上映の時。

同じ思いをパク・シフファンも、感じると思います。




今は、まだ東京だけの上映ですが、

今後は全国的上映が予定されているようです。


お近くの映画館にシフニムが行くまで、

ファンの方はお楽しみに!





(こちらは映画館でもらったクリアファイル。↑)

シフニムファンの方でほしいわ~って思う方に

差し上げます。




さてさて、≪太陽を抱く月≫

昨日が最終回でした。

(以下、ネタバレあり)



陽明君(ヤンミョングン)様は、死んでしまったけれど、

彼の志(思い)は、

遺された者たちの心にしっかりと刻まれましたね。



陽明君役のチョン・イルは、

このドラマで大きく飛躍したと思います。

これからの活躍に期待してます。




                                                







2013/06/09 12:38
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

へインがファワンだった。

Photo

























昨日から「日テレプラス」で、

≪愛の挨拶≫が始まりました。

久しぶりのヨンミンです。



≪愛の挨拶≫はずいぶん前に、

DVDBOXをお持ちの方に、

無期限でお借りしたことがあって、

それ以来です。


そこで昨日は大発見!

≪イ・サン≫のファワンはへインだったんです!

初めて知りました。

一種の衝撃。



ファワンを見るたびに、

どこかで見たことあるな~

と、思い続け。

ある日、≪欲望の炎≫のナム・エリだと気がつきました。



それでも、まだすっきりせず・・・。

昨日、やっとすっきりしました。



ファワンの「どっかで見たことあるな~」

と、感じたかすかに(失礼)残る面影は、

へインだったんです。



≪愛の挨拶≫でへインを演じた時は、

よく言えば素朴?

悪く言えばあか抜けない子だったのに・・・。

いつの間にか、

貫禄のある立派な女優さんになっていたんですね。



年月の経過・・・。

ペ・ヨンジュンも年を取るのもうなずけます。

もちろん、私自身も。



≪愛の挨拶≫は、

ぺ・ヨンジュンの初々しい演技をを楽しむのはもちろんですが、

意外とテーマが重くて、

当時の韓国の大学生の意識を

知ることができるおもしろい作品です。



一応キャンパスラブも盛り込んでいるので、

(それがメイン?)

恋愛事情(恋愛観)も表現されているんですが。

ヨンジュン演じるヨンミンは、

愛情表現が下手で不器用。



ヨンジュンも当時は、

ヨンミンと同じように

かわいい恋をしていたのかしら~?

なんて想像しながら観るのも一興。

婚前交渉なんてもってのほか!のヨンミンです(笑)



途中(何話からだったかなあ)

ヒロインであったはずのへインの姿が、

消えることになりますが、(実にお粗末)

そこは韓ドラの「七不思議」と言うことで、

スルーして楽しみましょう。



                                 



2013/06/07 08:45
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

ふたつのハードル。

Photo


























【結婚という個人的なこととは関係なく、

私は俳優イ・ビョンホンとして

休まず、

良い仕事に取り組み続けていきます。



今、登っている山の頂上がどこなのか分かりませんが、

これからも頑張って

皆さんと一緒に登っていきます】


イ・ビョンホン氏のメッセージいいですね~



そう、そう、そう言うこと。

あの時、

「ずっと私たちのヨンジュンさんでいてくれますか?」

の質問には(却下しないで←まだ言ってる・笑)

こんな風にさらりと答えてほしかったなあ。



結婚が具体的に決まっていなくても、

賢明なヨンジュンさんだもの。

通訳さえしてくれたら、(←まだ、言ってるpart2)

ビョンホン氏のような答えが返ってきたかも

・・・って、気がします。




「イ・ビョンホン結婚」を

ワイドショーかなんかで知ったんでしょうね。

職場では予想通り、

「ヨン様は?」と聞かれました。



「イ・ビョンホンはイ・ビョンホン。

ペ・ヨンジュンはペ・ヨンジュンよ」

と、曖昧なコトを言っておきました。



だってね~

「右へ倣え」ですること?

おふたかたに交流があるなら、

「オマエも早く決めろよ」

くらいは言われてるかもしれませんが。



しかし・・・。

現実問題を考えると、

ヨンジュンも40歳を過ぎて今年は41歳。



結婚がすべての幸せに通じるとは思っていないし、

タイムリミットがあるとも思っていませんが、

自身のDNAを残したいなら、

前向きに考えて行かないとね。

(嫉妬の枠を超えての意見)



普通に考えたら、

「その日」はいつか必ず来るわけで・・・。

「その日」を迎えたら、

≪家族≫として、

どんなリアクションをするのがいちばんカッコいいのかしら?

な~んてことも考えたりします。




ペ・ヨンジュンの結婚と、

ユン・シユンの兵役。



越えねばならない私のハードル。



果たして、

どちらのハードルが先に、

私の目の前に現れるでしょうか?







                                                




[1] [2]

TODAY 232
TOTAL 3236279
カレンダー

2013年6月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブロコリblog