2008/10/17 11:53
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「朝月夜」(アサヅクヨ)⑱・・・こちらは戯言創作の部屋

Photo



【今までのあらすじ】
照明監督のインスと通訳のユキは、日本での仕事を通して、知り合います。
 
コンサート、打ち上げの日、熱を出して苦しむインスを病院に搬送したことから、ユキの看病が始まります。
 
退院の日、ユキと離れがたいインスは、ユキを会津に誘います。
 
会津に着くなり、今度はユキが風邪をひいて寝込んでしまいます。
 
自分のせいだと思ったインスは、心を込めてユキの世話をします。
 
そんな二人の間に特別な感情が芽生えて・・・。

            
☆なんと、3ヶ月ぶりにやっと続きを書きました。

今回は、「R」的描写も含まれていますので、「四雪」のインスのイメージを壊したくない方・・・または、その手のお話しは苦手だわ・・・と言う方は、ここで引き返してください。

          

     
「インスさんが・・・」と、言いかけたユキの唇を僕が塞がなかったら・・・。

ユキは、僕を好きだと言ってくれただろうか。

僕たちは、おかしいくらい幼い・・・ただ触れるだけのキスを交わした。

年がいもなく羞恥心を感じ、離れてからもユキと視線を合わせることができなかった。

ユキが無邪気に「これ、おいしそう」と言ってくれなかったら、僕は、ぎこちなさを解くために、もう一度ユキを抱き寄せていただろう。

僕が買ってきたコンビニのプリンをひと口食べると、ユキはまた同じ言葉を繰り返した。

「おいしい・・・インスさんも食べて・・・」

明らかに、数時間前とは違った空気が流れているホテルのこの部屋で、ユキもまた、ぎこちなさを解こうと必死になっていたのだった。

             

テーブルの上には、コンビニの袋に入ったサンドイッチ、ヨーグルト、チョコレート。

およそロマンチックな雰囲気とはかけ離れたその様子に、僕は、改めて自分の立場を突きつけられた思いがした。

ユキが言ってくれたかもしれない「好き・・・」と言う言葉。

その言葉を聞く資格は、まだ僕にはないのだと思った。

妻が離婚を申し立て、自分もそれに従う決心をした。

心は決まっていても、まだ、事実上、僕は妻帯者・・・と言う立場にいるのだった。

ユキに対する恋心が、本来なすべきことより先行していることに気が付いた。

「ユキさんに話したいことがあります」

ソファの隣に座っているユキを見ずに、僕は言った。

何でしょうか?・・・そう聞いてくれたら、スムーズに会話がすすんでいたかもしれない。

しかし、ユキは「私も・・・」とだけ言った。

またしても、沈黙が僕たち二人を包んだ。

ユキは突然、「サンドイッチには、コーヒーが必要よね。私買って来ます」と言って、立ち上がると部屋を出て行った。

             

ドアが閉まると同時に、僕は大きなため息をつき、冷蔵庫から缶ビールを取り出すと、一気に飲んだ。

空腹にビールの冷たさが染みた。

目の前のフルーツサンドをひと口食べて、またビールを飲んだ。

フルーツの甘さと、ビールの苦さが混じって、妙な味が口の中に広がった。

それを消すためにまたビールを飲んだ。

2本目の缶ビールを手にした時、ユキが戻って来た。

「コインが1枚しかなくて・・・1000円札が使えなくて・・・」

ユキは、コーヒーが1本しか買えなかったと僕に詫びた。

そして、「あら・・・ビール・・・?」と言ってクスッと笑った。

その笑顔がたまらなく愛しくて・・・。

僕は、ユキの腕を掴んで思い切り引き寄せた。

「ビール臭い・・・」

そう言いながらもユキは僕の腕の中でじっとしていた。

柑橘系のシャンプーの香りと、ほのかに漂う香水の匂いに僕の臭覚は刺激されて、もっと強く、ユキを抱きしめた。

             

「結婚してるんだ・・・」

ユキの耳元で僕は言った。

俯いていたユキが、僕を見上げた。

「解ってます・・・だから・・・?」

「だから・・・」

僕は、ユキが言った言葉を反芻した。

「好きになってはいけない・・・?それは私が決めることよね」

囁くように小さな声だったけれども、ユキは僕の目を見てそう言った。

つい先ほど、妻とのことが決着するまで、乗り越えてはいけないと積み上げたはずの壁が、脆くも崩れる音が聞こえた。

僕は、両手でユキの顔を包み込むと、さっきのような幼いくちづけではなく、渾身の思いを込めてユキと唇を重ねた。

理性も倫理観も姿を消し、ただ、ユキを離したくないと言う思いだけが僕を支配していた。

たった1本の缶ビールが、僕を性急な男に変えたとも思えないので、これが自分の本来の姿なのだと、僕は思った。

心の奥に潜んでいた熱情が、噴出す「時」を待っていたのだと思った。

ソファに座ったまま、僕たちは、長いキスを繰り返した。

お互いの思いが一致していると解った時、僕はいったんユキを離し、立ち上がった。

ベッドルームに続くドアのノブに手をかけて、後を振り向くと、僕をじっと見つめるユキがいた。

             

人を好きになると言うことは、時間を必要としないのか・・・。

長い間連れ添った妻よりも、今は、こんなにもユキが愛しい。

大切にしたいと言う殊勝な気持ちよりも、ユキを我が手に抱きしめたい衝動が抗えないほど膨らんでいた。

ソファから、ベッドルームに移動する間のわずかな時間さえもどかしく、僕は、再びユキを抱き寄せると、その体を横たえて、唇を重ねた。

僕の唇は、ユキの唇から、首筋へ・・・その行方が乳房の先端に行き着いた時、初めて、ユキの口から、声が漏れた。

残った衣類をユキの体から離し、僕も全てを脱ぎ捨てて、ユキに体を重ねた。

「罪」と言う文字が、ちらりと脳裏をかすめたが、すぐに欲望の渦の中に消えた。

まだ、「愛している」と言える段階ではないことなど忘れて、深く・・・深く、ユキと繋がるためにその言葉を繰り返した。



[1]

TODAY 182
TOTAL 3173073
カレンダー

2008年10月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブロコリblog