2009/10/29 08:21
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<45話>

Photo




「ひとり暮らしの男の部屋が、そんなにめずらしいのか?」

落ち着かない様子で、うろうろしているマリーに向かって僕は言った。


「どこかに女の影がないかな~と思って」

そう言いながらマリーはまだ、室内を見回していた。


「洗面所に歯ブラシでも見つけた?」

「大人は、そんな幼稚な痕跡は残さないでしょ?」

「確かにそうだな」


「だけどどこかに・・・無意識に自己主張しちゃうものなのよ」

「例えば?」

僕は、ミソチゲを作るための材料を刻みながら聞いた。


「玄関に2つスリッパが並んでたり。テーブルの隅にきちんと置かれたリモコン。香りつきのトイレットぺーパーなんかがあったら、決定的ね」

「検証の結果は?」と、僕は包丁を持つ手を止めることなく、ちょっとふざけて聞いてみた。


「本当にひとりだったんだ・・・」

マリーは、つぶやくような声で、安心したとも、がっかりしたとも取れる言い方をした。


                               


「そんなことより、こっちへ来て手伝ったらどうだ?」

「私、料理苦手だもん」

マリーは、窓辺の観葉植物の葉に触れながら言った。


「結婚する気ないのか?」

「料理の得意な男と結婚する。ねぇ、この鉢植え、生気を失ってるわよ」

僕は、鉢植えの観葉植物が置いてある方に視線を移すと、「そんなはずない」と言った。


「毎日、お水あげてる?」

そう言われると自信がない。

「3日前くらいに・・・」

「それじゃだめよ」


花屋の店員は、手がかからず緑が楽しめますと言っていた。

「話しかけながら、毎日お水をあげるときれいに育つって言うわ。女性と同じね。触れ合いながら、いつも好きだよとか、愛してるよって言うことが大事なのよ。ほったらかしておいたら、枯れちゃうんだから」

ユキのことを言っているわけではないと、解っていながら、胸が痛んだ。


ミソチゲの鍋が、ぐつぐつと音を立て始めた。

僕は、ふたり分の真空パックの白米を電子レンジに放り込んだ。


                                     


予想通り、僕の作ったミソチゲは、マリーから大絶賛された。

おかげで、僕は「料理上手な男」との評価を受けたが、それは、僕が作れるのは、ミソチゲだけだと言うことをマリーが知らないからだった。


食べてる間も、マリーのおしゃべりは止まらなかった。

仕事は何かと聞かれて、「照明監督」と答えると、「どんな仕事?」と身を乗り出してきた。

アメリカ人歌手のMに会ったと話してやると、驚嘆の声を上げた。


質問が離婚の原因に及んだ頃、僕はいよいよ潮時と思って、「食事が終わったら、帰れよ。今夜も仕事だろう?」と、言った。

「今夜は休み。じゃなきゃ、ソウルの町をのんびりうろついてないわよ。ここ片付けて飲もう」

「メシを食った上に酒まで飲む気か?」

「いいじゃん、一杯だけ」

そう言うとマリーは、汚れた食器を片付け始めた。


                                      


ダイニングテーブルから、ソファに場所を移して、マリーが作ったウィスキーの水割りに口をつけた。

「今度は私が答える番ね。何でも聞いて」


「年はいくつだ?」

「ノーコメント」

「何でも聞いてと言ったろう」

「質問を変えて」

「別にない」

「何か聞いてよ」


ユキと知り合った頃、ユキのことが知りたくてたまらなかった。

好きな色。

好きな季節。

好きな食べ物。

些細なことでも、僕にとってはどれも興味あるものだった。


「何考えてるの?」

「日本人なのか?」

僕は唐突に聞いてみた。


「ハーフ」

「ハーフ?」

「パパが韓国人で、ママが日本人。パパが仕事で日本に行った時、ママと知り合って。恋に落ちたの」


こんな偶然があるのか・・・。

動揺を悟られないように、僕は一気に水割りを飲み干し、マリーが2杯目のウィスキーをグラスに注いだ。


                                       


「パパがママを愛しすぎちゃって・・・」言いながら、マリーはクスっと笑った。

「結婚する前に私ができちゃったの。パパはあわてて韓国に帰って、お父さんとお母さん・・・つまり、私のおじいちゃんとおばあちゃんに結婚の許しをもらったのよ」


「それ・・・本当の話しなのか?」

「そうよ、どうして?」

「いや、別に」


一瞬、僕は、マリーがユキと僕の関係を全て知っていて、作り話をしているのではないかと思った。

「私は、韓国で生まれて、小学生まで韓国で育ったの。中学生になった時、パパの仕事の都合で日本に行って。今も、パパとママは日本で暮らしているわ。私だけが、また韓国に戻って来た・・・と、いうわけ」


「なぜ・・・?」

「う~ん、それは・・・話すと長くなりそうだから、今日は、やめておく。暗くならないうちに帰ろうかな」そう言いながら、マリーは立ち上がった。

僕は、思わずマリーの腕を掴んで「まだ、いいじゃないか」と言いそうになった。


「ミソチゲ、おいしかったわ。ごちそうさま」

「送っていくよ」

「ううん、いいの。ひとりで帰る。ここまでの道順を覚えておきたいの。また、来ていい?」

僕は、黙って頷いた。


                                     

「一番聞きたいことを忘れてた。忘れられないほど好きだった人とどうして別れたの?」

靴を履きながら、マリーは思い出したように言った。


即答できない僕に、マリーは、「答えたくない?」と聞いた。

「解らない・・・」

それが僕の正直な気持ちだった。


「解らない・・・?そうね。解ってたら、苦しんだりしないわよね」

「今日は、やけに素直だな」

「あなたを好きだと言ったでしょう。嫌われたくないもの」


マリーがドアを開けると、日没前の冬の風が舞い込んで来た。

それは、程よい湿り気と冷気を含んで、僕の頬を心地よく撫ぜた。


マリーの後姿を見送りながら、僕は少しの間、風の香りを楽しんだ。

 


2009/10/21 09:49
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<44話>

Photo





「あなたが好きなの・・・」

背後から聞こえたマリーの声は、数分前にきっぱりと僕を拒絶した声とは、別人のようだった。

目の前で、固く閉ざされた扉は、マリーの心そのままではなかったのか。


思考が混乱している僕に、マリーは言った。

「初めて会った時から、好きになったんだと思う。うまく説明できないけど」

通りすがりの男が振り返って僕たちを見ていた。


「離してくれないか・・・」

「いや・・・」

「人が見てる」

「構わない」

「僕は、困る」

想像もしていなかった展開を僕は、受け入れられずにいた。


「離してほしかったら、約束して。別れた人のことは忘れるって」

マリーの腕を振り解くくらい、簡単なことだったが、僕はそれをせず、「約束できない」と言った。

「そんなに好きだったの・・・?」

「ああ・・・」と、答えた。


ならば、別れなければよかったじゃない・・・。

僕は、マリーの次の言葉を予測した。

それは、僕の中で数え切れないくらい反芻した言葉だった。

そう問いかけられたら、今度も曖昧に「ああ・・・」と答えるだけだ。


ところが、マリーは「解った」と言うと、あっさり僕を解放した。

「ならば、忘れる努力をしたら?その方が利口じゃない?」

マリーの口調は、元に戻っていた。


                 


僕は、マリーに背を向けたままその言葉を聞いていた。

「相手にその気がないなら、追いかけるだけ無駄だと思うな」

断定したマリーの言い方が気に入らなかった。


振り向いた時、マリーと目が合った。

その視線を避けることなく、マリーは言った。

「離れて行った人への思いは、いずれ冷めるわ。そして、近くにある愛が欲しくなる。私は、あなたが好き。側にいて、いつもあなたを見ていたい。そんな愛が今のあなたには必要だと思うけど?」


どうしてそんな風に決め付けたような言い方が出来るのだろう。

その自信は何なんだ・・・?と、マリーに聞きたかった。

「お前に何が解るんだ?って、顔してる」

そう言いながらマリーは小さく笑った。


「恋愛に回数や年齢は関係ないわ。大事なのは、どれだけ深く愛したかってことよ」

言い返してやれ、どれだけユキを愛していたか、言ってやれ。

僕の中で、誰かが叫んでいた。


「続きは今度会った時ね。反論できるだけの言葉を用意して店に来て。待ってるから」

そう言い残すと、マリーはまたハイヒールの靴音を響かせて、階段を上がって行った。


僕がマリーにしたこと・・・それは、許されるはずのない行為だ。

なのに、「好きだ」と言ったマリーの気持ちが理解できず、靴音が部屋の中に吸い込まれるまで、僕はその場に立ち尽くしていた。


                  


マリーと別れてから、僕の頭の中には様々な思いが交錯していた。

確かめたわけではないが、見た限りマリーは僕より7~8歳は若いはずだ。

そんな年下の女と、恋愛論を戦わせるだけの暇も時間も僕にはない。

もちろん、店に行こうなどと言う気はまったくなかった。


しかし、僕が力づくでマリーを抱いた事実は消えない。

我、関せずで、背を向けるのは卑怯な気がした。

思いは、堂々巡りを繰り返していた。


                


年が改まって、数日が過ぎたあるの日、僕はマリーと再会した。

ソウルの街中のCDショップの前だった。

ショーウィンドーには、たくさんのCDがディスプレイされ、大型テレビには激しいリズムに合わせて踊るダンサーの姿が映し出されていた。


その画面をウィンドー越しに見つめる女・・・それがマリーだった。

最初は遠くから、黙って見ていた。

少しずつ近づいて行って、背後から声をかけた。


「おい」

「これでも私・・・ダンサーだったの。怪我してやめたけど」

驚いて振り向くマリーを想像していたのに、マリーは画面から目を離さずに言った。


「いきなり声をかけられて、驚かないのか?」

「さっきから、ずっと私を見てたでしょ?」

「見てない・・・」

「うそ。ガラスに映ってたもの」

なんだ、気づいてたのか・・・と、がっかりする自分がおかしかった。


「志しなかばで挫折しちゃった」

マリーらしくない言い方だった。

「昼ごはんは?」

「驕ってくれるの?」

「そのつもりで聞いた」


「ミソチゲ・・・それも、思いっきり辛いヤツ」

「メシの話になったら、元気になったな」

「私、元気なさそうに見えたんだ・・・」

そう見えたから、昼ご飯に誘う気持ちになったのだった。


                


「行こう」と言いながら、マリーは腕を絡めてきた。

「くっつくなよ」

「いいじゃん、誰も見てないもん」

確かに、マリーの言うとおり、道行く人々は僕たちのことなど、眼中になさそうに足早やに通り過ぎて行った。


目当ての店に行くと、昼時ということもあって店内はひどく混み合っていた。

思案した挙句、「ウチに来るか?」と、僕は言った。

「へぇ~意外な発言。そう言うこと絶対に言わない人だと思ってた。料理出来るの?」


「ミソチゲならそこら辺の食堂より、うまい。どうする?」

「襲ったりしない?」

「そう言うことを言うなら、昼メシはひとりで食べろ」と、僕は言いながら、やはりマリーはあの日のことにこだわっているのか・・・と思った。


「たとえ襲われても、今はミソチゲが食べたい」

「じゃ、決まりだ。まずは市場に行こう」

「え・・・っ?買出しに付き合うの?」

「嫌ならいい」


僕はひとりで歩き出した。

「もう~!待ってよ~。ホントにおいしく作れるの?まずかったら許さないからね!」

追ってくるマリーの声を聞きながら、僕の口元に思わず笑みがこぼれた。



[1]

TODAY 108
TOTAL 3172999
カレンダー

2009年10月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロコリblog