2009/11/14 15:15
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

Photo


☆「注意事項」は、前回と同様です。ご注意くださいませ・・・。






「どう、順調?」

照明機材を車に積んでいると、同僚に声をかけられた。

「えっ・・・?」

「ソウルの町を楽しそうに歩いてた?」

「見たのか?」

「オレじゃないけどね」


「そうか・・・」

「若い子だって?結婚するのか?」

「いや・・・まだそこまでは」

「もたもたしてると、また、逃げられるぞ」

同僚は、「また・・・は、余計だったな」と言いながら、僕の肩を叩いて、スタッフの輪の中に入って行った。


楽しそうに・・・か。

確かに、マリと一緒にいると元気になれた。

若いだけに、会話も豊富で、日々新しい話題を提供してくれる。


「今日、嫌なことがあっても、明日はいいことがあるかも、と思ったら、頑張れるじゃない」

仕事がうまくいかなかった日も、マリの明るさに助けられた。

肌を合わせることで、萎えていた気力を取り戻せたと思えた夜もあった。

そんなマリと暮らし始めて、3月が経っていた。


                 
 
                  

互いの部屋を行き来するようになって、遅くなったら泊まる、という状態が続いていた。

「一緒に暮らさない?」

提案したのは、マリだった。


「コンビニって、給料安いの。今住んでるアパート、古いけど結構、家賃高いし・・・」

「ソウルにおばあちゃんがいるって言ってたろう?」

「おばあちゃんちに行けって言うの?会えなくなるよ、私と」

「なぜ?」

「門限があるもん」


マリは一緒に暮らした方が何かと便利だと、大して理由にもならないようなことを散々しゃべり続けた。

僕が「うん」と言わないものだから、最後には「インスといつも一緒にいたいの」と、しおらしいことを言った。

僕は、いかにも君の事情を考慮して仕方なく・・・と、言うそぶりを見せながら承諾の返事をした。


しかし、本当は、マリの甘い言葉にほだされたのでもなく、マリに同情したのでもなかった。

僕が、マリを手放したくなかった。

いつも、目の届くところに置いておきたいと思い始めていたのだった。


                
 


「ねえ、今日、時間ある?」

朝食を食べながら、マリが聞いた。

「いつもどおりに仕事だけど」

「ちょっとだけ、私に付き合ってくれる?」


「なに?」

「う・・・ん、ちょっと」

「だから、なに?」

「うん・・・。パパとママが来るの」

「どこに?」

「ソウル」


「それで・・・?」

「一緒に行ってくれないかなあ・・・なんて」

「行ってどうする?」

「パパとママを安心させたいの」


「男と暮らしてるって聞いて、安心するか?」

「安心するわよ。相手がインスだから」

「どういう意味?」

「深く追求するならいい。もう頼まない」

マリはそれっきり黙ってしまった。


朝食を食べ終えた僕は、「時間と場所は?」と、聞いてみた。

「行ってくれるの!」

不機嫌な顔が、たちまち輝いた。


「何とかする」

「Pホテル、3時」

「そう言うことは、夕べのうちに言えよ」


ホテルの名前を聞いて、この格好ではまずいと僕は思った。

Pホテルは、国内でもトップクラスの格式あるホテルだ。

ジャンパーにジーンズで、入れるような雰囲気ではない。


僕は、クローゼットを開けて、スーツに着替えた。

「スーツ姿はじめて見た・・・すてき」

マリの視線を逃れるように、僕は、「遅れるなよ」と言い残し、部屋を出た。


                
 


約束の時間より、早くホテルに着いたのに、マリはすでに先に来て僕を待っていた。

マリは、小花を散らしたふわりとした素材のピンクのワンピースを着ていた。

「そんな服、持ってたんだ?」

「一応ね」と、言うと、マリは僕の耳元で「かわいい?」と囁いた。


「パパたちは、カフェにいるわ」

「ちょっと、緊張するなあ」

「大丈夫、パパもママも気さくな人だから」


マリに連れられてカフェに入ると、窓際の席に並んで座っている両親の姿が見えた。

初対面の挨拶をした僕に、マリの父は名刺を差し出しながら、「マリがお世話になっているようで」と言った。

名刺には、名前と会社名が記され、「代表取締役」と言う肩書きが添えられていた。


「やっぱり、韓国はいいなあ」

ソウルの街が見下ろせる席で、マリの父が呟いた。

しばらくは、久しぶりに訪れた韓国の話しが続き、やがて、夫婦の恋物語へと話が発展した。


「彼女の心を掴むために、涙ぐましい努力をしたよ。日本語を必死に覚えたりしてね」

「私だって、韓国語の勉強をしました」

若かりし日の話しをする時、マリの父の精悍な顔は柔和な顔に変わった。


傍らで、微笑むマリの母は、美しい人だった。

中年と呼ばれる年齢に近づいた今も、美しいと感じるのだから、若い時の美しさはどれほどのものだったのだろうかと僕は思った。


「昔の話はそれくらいにして、そろそろ失礼しないと・・・」

「あ・・・もう、そんな時間か?」

「これから、親戚の人たちとの食事会があるの。インスは、この後どうする?」

マリに聞かれて、「会社に戻る」と、僕は答えた。


              
 


「忙しいのに、ごめんなさいね。どうしても、主人があなたに会いたいと言うものだから・・・」

「マリから、好きな人ができたと聞かされて。韓国人だと知った時は、うれしかったよ」

「男は、韓国。女は日本・・・これが、パパの口癖だもんね」


「何を理由にそうおっしゃるんですか?」

僕は、つい口を挟んでしまった。

「やだ~マジにならないでよ。ママが日本人だからに決まってるじゃない。要するに、根拠のない理論って、ヤツよ」

「まあ、なんて口の利き方でしょう」と、母に言われて、マリは思わず舌を出した。

ユキのことが頭に浮かんで、真剣に聞いてしまった自分が恥ずかしくなった。


「パパ、インスに会って、安心したでしょ?」

「もう、馬鹿な夢は諦めたんだろうな?」

「馬鹿な夢って・・・?」

僕は、マリに向かって尋ねた。

「知らない。何のことかしら?」


「ふたりの仲をとやかく言うつもりはないが、結婚となると話は別だぞ。解ってるな?」

「結婚・・・?そんなこと考えてないわよねえ」

マリは同意を求めるように僕を見た。

僕は、なんと答えてよいのか解らなかった。


「じゃあ、これで失礼する。とりあえず・・・マリをよろしく頼むよ」

マリの父が差し出した手を握り、僕は頭を下げた。


               
 


別れ際、「遅くなりそうだから、先に寝ていてね」と、マリは言ったが、なんとなく寝付かれず、ビールを飲みながら、マリが帰って来るのを待っていた。

「あ~疲れた!」と言う声とともにマリが帰って来たのは、深夜0時を少し過ぎた頃だった。


「まだ、起きてたの?」

「なんとなく・・・」

「シャワーを浴びて、寝よう」

マリはそのまま、浴室に直行した。


浴室から出てきたマリは、濡れた髪をタオルで拭きながら、「インス、今日はありがとう」と言った。

「飲むか?」

「うん、1杯だけ」

僕は、冷蔵庫から新しいビールを出して、マリのグラスに注いだ。


「一緒に暮らしてること、言ってないのか?」

「うん」

「どうして?」

「面倒だから」

「いずれバレるぞ」


「その時はその時。今は言いたくない。言ったら・・・間違いなく、日本に連れ戻される」

「そうだろうな」

「インスとの生活、失いたくないの。」


乱暴な口を利いたかと思うと、こうして男心をくすぐるようなことをさらりと言う。

これが、マリの魅力のひとつなのかもしれないと思った。


「眠い・・・もう、寝るね」

僕も少し遅れて、ベッドに入った。


                
 


「ねえ・・・」

すでに眠ったと思っていたマリが、背中をを向けたまま言った。

「ん・・・?」

「ママに見とれてたでしょ?」

「うん」


「うん?信じられない。普通は否定するもんよ」

マリがふり返って言った。

「きれいな人だな・・・って」

「ますます、信じられない」

「事実は事実さ」


実は、先ほどもビールを飲みながら、マリの母親の顔を思い出していた。

だが、さすがにそれは言わずにいた。


「マリにも半分、あの人の血が流れているんだよな・・・」

そう言いながら、僕はマリのパジャマのボタンに手をかけた。

「今夜はダメ・・・。疲れてる」


「マリ・・・」

僕は、マリの首筋に唇を寄せ、耳元で囁くように言った。

「同居を認めた条件は?」

「何で今、そのこと?眠い・・・」

「言って」


「夕ご飯は、必ず作ること」

「それから?」

僕は、3つ目のボタンをはずしながら聞いた。


「洗濯は毎日・・・あっ・・・すること」

僕の腕が、胸元に忍び込むと、マリは小さな声を上げた。

「そして?」

残りの2つのボタンをはずすと、マリの乳房が顕わになった。


「1日おきに・・・掃除をすること・・・」

僕は、片方の乳房を右手で掴み、もう片方の乳房の先端を口に含んだ。

「インス・・・」

マリは、僕の名を呼びながら身をよじった。


                
 


「もう、ひとつ、条件があったろう?」

マリは、黙って首を振った。

「拒否しないこと」


「そんなこと、決めてない」

「なら、今、決めた」


「イヤだって言ってるのに・・・」

僕は、マリのパジャマのズボンと下着を一度に剥ぐと、目標とすべき所に指を這わせた。

「マリはうそつきだな・・・」


「インス・・・」

マリは、再び僕の名を呼ぶと、自ら唇を求めてきた。


美しい人の顔が脳裏をよぎる。

あの人は・・・どんな姿態で夫を受け入れ、どのような声を発するのだろう。


淫らな想像は、いっそう僕を昂ぶらせ、潤った場所へと僕を駆り立てた。





[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/14 15:57 カナリーグラス

「スーツ姿はじめて見た・・・すてき」

って、これは、ゆあさんの本音ね^^
ヨンジュンのスーツ姿大好きだもんね~(笑)

今のインスは、けっこう欲張り・・・
片方で、心の隅にユキを想い、目の前に居るマリも
手放したくないと愛しく思う。。
そして、初対面のマリの母親に、淫らな想像をしてしまう・・・。

男の人の心理っていうか、本質的なところがわからないから
なんとも言えないけど、こういうことって人に依るのかなぁ~

コメント削除

2.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/14 16:19 kaoru922

もう一緒に暮らして3ヶ月にもなっていたの~~^^
とんとんと着実に2人の間は進んでいるようだわね~♪

そこに現れたユキをも思わせるような日本人の女性。。。。
心が揺れないほうが・・尋常じゃないかも~~それだけユキに愛を
感じていたって証拠よね。

『きれいな日本女性は好きですか?』・・・・・
母親の存在もこれからのインスとどう絡み合ってくるのか^^??

またまた目が離せなく~~ゆあさんご苦労さまで~す。



コメント削除

3.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/14 16:29 joonyaya

こんにちは~^^

今日は、昼からみんな出かけて・・・一人の時間^^

そこで、パソコン開けたら・・・見つけてしまった。

それも、ここまで一気にいっちゃったの~?って感じ。

インスも男だったのね(笑)

マリの母親を見て、ユキを想ってるんだよね?きっと・・・。

マリの明るい元気な姿に、魅かれながらも・・・・。

二人は、どうなるんだろう?ユキとのことは・・・??

スーツ姿のインス・・・私も想像しちゃう^^


4.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/14 18:56 なな

またまた、ううむ、とうなってしまう展開ですね。

マリがどんどん可愛くなって行くのに、インスはまたしても、ユキ
の身代わりにしてしまった感あり。
マリが韓国に来って言う理由はナンだったっけ?「ばかな夢」が気
になります。

インスは日本女性に弱いって、なんか現実と混同しそうです。
マリは20歳くらい?母親は45くらいとしたら、インスとは10も離
れていないのね。

コメント削除

5.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/14 21:11 雪と水

時間の流れがよくわからなくて、
コメントをお休みした間に過去に遡って、インスとマリが一緒に暮らし
始めたところから読み直していました。今日のは暮らし始めて3ヶ月たった
ところなのよね。

ユキを追い求めながらもマリに惹かれ、マリとRなことを繰り返して、
ユキはどうなっちゃうの。あまりマリに熱心になるとハッピーエンドになら
なくなりそうで心配です。それにマリの両親にも会っちゃって、逃げられ
なくなるよ。(言葉悪いけど)ユキ派の私としてはユキの幸せはマリの悲し
い思いの上になりたつようで、「インス、あまりマリに深入りしてはだめよ」
といいながら展開を見守っています。

Pホテル、スーツ姿冬ソナのマルシアンのパ−ティーの場面を思い出しますね
。インスがソヨンの夫の葬式に行ったときの黒いスーツ姿も素敵だった。
急に作品でのヨンジュンのスーツ姿見たくなりました。


6.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/14 23:59 anohitohaima

揺れ動くインス、ある意味男らしいわ

「手放したくない・・」無意識のうちにスジニに心が傾く

タムドクのようにも感じる今日のインス

ユキを失った空虚さを埋めるような存在のマリ

マリの母に会って、ユキへの想いに(単に美しいひとだったせいか

かも知れないけれど・・)

引きずられるようにマリを抱くインス

心満たされる「R」ではないようなんだけど

二人とも反応する部分は反応するのね(笑)

若さゆえかしら・・・ね

読者にもう少し続きを・・と思わせる「ソフトR」・・いいなぁ~

コメント削除

7.Re:創作の部屋~朝月夜~<48話>【再びR】

2009/11/15 01:14 ハリーママ

こんな深夜に読むと 寝られなくなりそうです・・が一気にヨンでしまいま
した。 

どうしても ユキのことが 頭の片隅にあるんだよね。
マリを かわいいと思いながら 抱いているのに・・・マリのお母さんを 
思うなんて。
美しい人の姿が ユキと重なったの? 
それとも また まったく違う方向へ 進んだりする・・・・!?

ゆあちゃんワールドだね。 創作が書けるってうらやましい。


コメント削除

8.レスを下さった皆様へ・・・。

2009/11/15 10:01 ゆあ

おはようございます。

これから、出かけます。

帰宅は、夕方になると思います。

帰りましたら、お返事させていただきます。

インスを私の好みにいじりすぎて、ちょっと気の毒かな・・・と思
いつつも、もう止められない(笑)

コメント削除

9. カナリーグラス さん、こんばんは。

2009/11/15 23:32 ゆあ

お返事が遅くなり、すみません。

今朝、出掛けに残した一言の中に、「インスをいじりすぎ
て・・・」と書きましたが、ちょっとお遊びが過ぎるかな・・・と
思いながらも、元々、こういう面を持ったインスを書きたかったん
だという気もしています。

男の人に限らず、女の人も人によっては、「心と体」が別々に存在
する?みたいな生き方をしている人が時々います。

この年になると、そういうこととは無縁になりますが、年下の恋人
を作って、人生を楽しんでる友人もいます(ご主人がいるのによ)

一度きりの人生だからね・・・といっても、理性が邪魔して冒険は
できない・・・が、大方の人の生き方よね。

コメント削除

10.kaoruさん、こんばんは。

2009/11/15 23:37 ゆあ

ユキとマリ・・・二人の女性を登場させただけで、四苦八苦してま
すから、「ママ」との色恋沙汰は・・・可能性としては少ないで
す。

それに・・・インスは誰かさんと似て、年上より年下のお若い子が
お好きなようですから。

年内に決着するかなあ・・・なんて、他人事のように思っていま
す。

年末は、何かと忙しくなるからね。

まして、今年は「大掃除の達人」が我が家から、いなくなってしま
ったので、どうしようって思っているの・・・。

コメント削除

11.joonyayaさん、こんばんは。

2009/11/16 00:29 ゆあ

インスは、ギョンホの葬儀の時に、黒いスーツ姿を見せてくれたよ
ね。

後は、「DC版」で、タキシード姿を。

どちらも素敵でしたが、やはりこの場合は・・・ミニョンのスーツ
姿を思い浮かべてもらうとうれしいです。

パーティの時、チェリンのお店でユジンに靴を履かせる時。

どちらも「絶品」でした。

日本人のマリの母を見て、またユキの姿が脳裏にちらついたイン
ス。

やっぱり、忘れられないのね・・・。(まるで読者のようなコメン
ト)

コメント削除

12.ななさん、こんばんは。

2009/11/16 00:57 ゆあ

現実と混同するって・・・?

以前、「家族とそういうことになってはいけません」発言があった
けど、家族以外とならいいってこと?なんて、意地悪な質問もして
みたくなるね。

日本人女性を恋愛対象に考えてる可能性は限りなく「ゼロ」に近い
と思う。

恋人・・・妻・・・は、絶対韓国人を選びそうよね。

「男は最初の恋人になりたがり、女は最後の愛人になりたがる」

と、いう言葉があるけど、インスもそういう男みたい・・・。

コメント削除

13.雪と水さん、こんばんは。

2009/11/16 01:02 ゆあ

最近では、本の出版会見の時が、普通のスーツ姿。

イベントの時は、ノーネクタイだったしね。

世界一スーツが似合う男・・・と、ぺ・ヨンジュンを称した人がい
るけど、本当にそう思う。

だから、日本の紳士服メーカーはヨンジュンを起用したらいいのに
って、思ってるの。

ギャラが高くて使えないのかしら?

実は、私も「両親」に会ってしまったら、逃げられない・・・?と
思いました。

でもね、「馬鹿な夢」という伏線を敷くためには仕方ない展
開・・・と、思ってください(ネタばれ)

コメント削除

14. anohitohaima さん、こんばんは。

2009/11/16 01:08 ゆあ

やはりこの程度では、「R」というより「ソフトR」と言うべきよ
ね。

注意書きをつけることもないかな・・・と、思いました。

今、「タムドク」を連日観ているせいもあって、「創作」を書きな
がらも、時々、インスとタムドクが混じる。

それに加えて、今回は、「ミニョン」まで思い浮かんじゃって。

なんだか、イメージ的に支離滅裂状態です。

共通点は、女にモテルということと、悲しい恋の経験者ってこ
と・・・?

コメント削除

15.ハリーママさん、こんばんは。

2009/11/16 01:12 ゆあ

書いてよ~「創作」。

自分の思い通りにヒーローを作れて楽しいよ~

私は、読むのも好きなんだけど、「初回」を逃すと、読む気がなく
なっちゃって。

ブロコリブログ中でも、「創作」を書いてる方はいっぱいいるの
に、きっかけがつかめず、入っていけません。

行き詰ると、どうしようって悩んじゃうけど、インスとの恋愛も楽
しめて、結構、楽しく書いてます。

要するに自己満足・・・ってこと。

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 288
TOTAL 3636166
カレンダー

2024年6月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブロコリblog