2010/12/26 12:42
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<59話>

Photo
☆BGM「over」~K~








静岡に向かう飛行機の中で機内食を食べながら、タケルは「ラッキーだなあ!」とまた言った。

「同じことを何度も言うなよ」

「ホントにそう思ってるんです!」

タケルの口から「ラッキー」と言う言葉を聞いたのは、これで何度めだろう。


タケルの実家が静岡だと聞いた時。

僕の心は、その瞬間からすでに静岡に飛んでいたような気がする。

行ってどうするんだ?

ユキが幸せに暮らしている姿を見たら、それで満足するのか?

たとえ会えたとして、何と声をかける?

物陰から盗み見て、帰ってくるつもりなのか?


あらゆる質問を自分に投げかけてみた。

答えは見つからなかった。

だが、これがめぐり合わせなのだと、頑なに思う僕がいた。


タケルが僕の側で仕事をするようになったことも。

突然、結婚を言い出したことも。

実家が静岡だと言うことも。

全ては、膨大な量の在り得ないことの中に埋もれた奇跡のような気がした。


                



タケルから、結婚の話しを聞いた翌々日の日曜日。

夕食をご馳走すると言って、僕はタケルを自宅に招いた。


「監督の手作りで晩ごはんを食べられるなんてラッキーです」

「結婚の前祝いと思ってくれたらいいよ」

「コレ全部監督がひとりで作ったんですか?」

「他に誰がいるんだ?」

タケルは室内をぐるっと見回して、「そうですよね・・・」と言った。


韓国のごく普通の家庭で味わう韓国料理をタケルは喜んでくれた。

頃合いを見計らって、僕は自宅に招いた本来の目的を果たすべく、
話しを切り出した。


「君に頼みがあるんだけど」

「新しい仕事、決まったんですか?」

タケルは、箸を止めることなく聞いた。


「仕事のことじゃないんだ。タケルが実家に帰る時、僕も一緒に行こうと思う」

「えっ・・・?僕の実家にですか?」

「いや、そうじゃなくて。静岡に・・・」

「静岡に・・・なんの用事で?知り合いでもいるんですか?」


僕はそれには答えず、「星降」と言う町を知っているかと尋ねた。

「ホシフリ・・・」

タケルは少し考えてから、「ああ、茶畑の多いあの辺りのことかなあ」と言った。


                 



「星がきれいに見えるって・・・」

「田舎ですからね。監督、わざわざ静岡まで、星を観に行くんですか?」

「僕には天体観測の趣味はないよ」

「そうですよね・・・」と言って、タケルは笑った。


「実家に帰る日を少し早めて、僕をそこまで案内してもらえないだろうか」

「仕事、大丈夫でしょうか・・・?」

タケルは、先輩スタッフの名を口にして「怒られそうだなあ」と呟いた。


「なんとかする」

「監督がそう言うなら、僕はOKです」

「ただし、一緒に行くと言うことは、みんなに内緒にしてほしいんだ」

「どうしてですか?」

タケルは箸を止めて僕を見た。


「いや・・・別に大した理由はないけど、いろいろと詮索されると面倒だろう?」

「はあ・・・」

「その代り、飛行機のチケットは僕が用意するよ」

僕は、新しいビールをタケルのグラスに注ぎながら言った。


「ホントですか!ラッキーだなあ。誰にも言わないと約束します!」

タケルは上機嫌で、「帰ったらすぐに、場所を調べておきます」と言った。


                



機内食をきれいに食べ終えたタケルに、僕は尋ねた。

「彼女と出会ったきっかけは?」

「子供の頃からの知り合いなんです」

「長い付き合いなんだなあ」


「でも別に何とも思ってなくて。3年前、同窓会で再会して、それから・・・」

「大人の付き合いが始まった・・・?」

僕は、タケルの反応を楽しみながら聞いた。

「監督・・・女って、ちょっと会わない間に変わるもんですね」


「たとえばどんな風に?」

「綺麗な大人の女になってました」

「再会して、ひと目で惚れたってわけだ」

「そうなんです!」

照れずに言えるタケルをうらやましいと思った。


「ところで監督、どうして結婚しないんですか?」

「そういう質問は上司に対して失礼だぞ。できないからしない。他に理由なんてないさ」

「すみません・・・」


タケルはマズイことを言ってしまったと思ったのだろうか、

それからしばらく視線を窓の外に向けたまま、黙っていた。


                


「女は変わる」

僕は、目をつぶりタケルの言ったことを考えていた。


1年前、5年ぶりに再会したユキは、僕の面影の中のユキそのままだった。

まっすぐに僕を見て、幸せに暮らしていると言った時の顔も、

会えてよかったと控えめに言った時も。

愛し合っていた頃のユキと少しも変わっていなかった。


あれから、さらに1年。

この旅で僕は、変わったユキを見ることになるのだろうか。


「監督・・・」

眠っていると思っていたタケルに声をかけられた。

「・・・ひとつだけ質問してもいいですか?」

「なに?」

僕は、タケルの顔を見て聞いた。


「やっぱりやめておきます。また叱られそうだから・・・」

タケルは、僕から視線をそらしながら言った。

「なんだよ。答えたくないことには答えないから、言ってみたら?」

タケルは少し躊躇いながら、「静岡に行く目的は何ですか?」と言った。


どう答えたらいいのかと迷っている僕を見て、答えたくない質問とタケルは思ったのだろう。

「プライベートに関わることですよね。また変なことを聞いてしまいました。すみません」と言った。


「会いたい人がいるんだ」

予想外の答えにタケルはたちまち反応した。


「女の・・・人、ですか?」

「ああ・・・」

「わぉ~!」

タケルの声に隣の乗客がこちらを見た。


「恋人ですか?」

タケルが声を潜めて言った。

「僕、必ず、監督をそこに連れて行きますから!」

恋人だと断言したわけではないのに、タケルのテンションは、一気に上昇してしまったようだ。






[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/26 15:10 pmisa

こんにちは^^

きゃあ、インス登場!! で、ワクワクしながら読みました。

「会いたい人がいるんだ」
ヨンジュンの声が聞こえてくるようで、ドキドキしました。
私も、テンション、一気に急上昇~~!!

もうすぐ、ユキさんとの再会ですね~。
続きが楽しみで~す。

ドリーム・ハイの制作発表会、いよいよ明日。
凄い数(650名)の取材人のようですね。
独身だったら、ツアー申し込んで行ったと思うわー。
12/31にはDAで見れるんですが…。

何といっても、生ヨンジュンが見た~い!!


2. pmisa さん、こんばんは。

2010/12/26 21:06 ゆあ44

お忙しい時なのに、お付き合いくださってありがとう。

先日、お会いした時は、≪インス≫について語る暇(?)もな
く、あわただしい時間を過ごしてしまったことが残念です。
感想も聞きたかったし、その後の展開の「要望」もお聞きしたかっ
たのですが・・・。

今、浅田真央ちゃんのスケーティングに見とれてました。
スケートをするために生まれてきたと思える彼女。
ヨンジュンも俳優になるべく生まれてきたと思っています。

明日の会見でのヨンジュンの発言、楽しみですね。

コメント削除

3.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/26 21:43 ハリーママ

こんばんは ^^

あれから 続きを楽しみにしていました~ ^^
インスがやっと静岡へ足を運ぶことに・・・。
きっと きっと 星降る街でユキと再会できるよね、、、。
そして お互いの誤解が解けるといいなぁ・・・・・

今日のBGM 「K」が歌うoverという曲は 懐かしいわ(^^*)
ドラマの主題歌だったよね。「H2」という高校野球のドラマ・・。
エンディングに流れるこの曲を聴いて 
透きとおった声にとてもドキドキしたのを覚えてる。
そしてKって誰? ・・・その後韓国の人だとわかって・・・
まだ たぶんヨンジュンを知らないときだったと思うんだけど
韓国の人ってBOAくらいしか知らなかったから 
こんなに素晴らしい声で日本語の歌を歌う歌手がいるんだぁって 
驚いた。
その後 Kは いろんな歌番組に出てて 下ネタ大好きな
おしゃべりな人だってわかって ちょっと引いた・・・(^^;) 
無口だったら きっと 大好きになってたかも。

なぁんて ごちゃごちゃ書いてるけど 下ネタがいけないんじゃなくて 
私が思ってたイメージがちがってたってこと・・・。
でも 歌は 今でも好きだけどね ^^ 
そうそう 彼は もうすぐ兵役に就くらしいね、、、。
韓国は 本当に大変な国だよね、、、、。

コメント削除

4.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/26 22:48 歌姫ちゃこちゃん

ゆあさん♫ こんばんは~☆

ああ・・・やっと 腰を持ち上げてくれたって感じ(笑) さて!!ようやく
次回は ユキとの再会でしょうか?? 

インスが焦がれるユキが ちゃんと登場してくれることを願ってます~♫
                 (*^_^*)

今のゆあさんは joonとの嬉しい出来事で 幸福感で胸が一杯だろうか
ら・・・インスを書く筆も進むのでは??(笑) この先、期待してます!!

コメント削除

5.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/26 23:00 雪と水

長野に帰省する前に朝月夜読めて、よかった。
そうじゃないと向こうに行ってから気になって、でも、パソコンな
いしイライラしなくちゃいけなくなるからね。

おお、やっぱり、インスは静岡に行く事になったんだ。そうさせた
のは何故?あ、、でも、静岡にユキを捜しに行く展開はすごくうれ
しいです。タケルもインスの人探しに一役も二役もかってでるよう
だし、無事、ユキが見つかるといいなあ。ただ、見つける、会うだ
けにしないでね。ちゃんと向き合って素直に自分の気持を伝えて欲
しい。今度こそ、あきらめないで!逃げないで!相手のいい訳など
聞かないで前進あるのみよ、インス!


6.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/27 00:48 anohitohaima

<全ては、膨大な量の在り得ないことの中に埋もれた奇跡>

いいなぁ~このフレーズ

すべての出会いは、これに尽きる気がする

インスも、決断と行動力で奇跡を手にするのかな

静岡へ向かうインスの鼓動は

名古屋に向かったゆあさんの想いに重なる?

コメント削除

7. ハリーママ さん、おはよう。

2010/12/27 08:19 ゆあ44

年末の忙しい時にお付き合いくださってありがとう。

「K」のこの曲、ドラマの中で流れた曲だったの?
全然知らない。
「YOUTUBE」で、聴いて、いいなあ~って、思ってそれでUPし
たから。

「下ネタ」好き・・・って、言うのも知らなかったなあ。
私は、「K」みたいな声が好きだし、顔も・・・いわゆるしょうゆ
顔?・・・好きです。

そうそうもうすぐ、入隊なのよね。
ファンは約2年間待たないといけない。
ファンの彼を思う気持ちは、「2年くらい待ってられる」だろうけ
ど、当の本人はどうなのかしら?

入隊中に、ブームが去ってしまうのでは・・・って、不安を抱えて
の入隊なんじゃないかな。
ま・・・それよりも、韓国男子は義務感の方が強いわね。

コメント削除

8.歌姫ちゃこちゃん、おはよう。

2010/12/27 08:26 ゆあ44

ちゃこちゃんも忙しいのに、「創作」にお付き合いしてくれてあり
がとう。

これから、ますます忙しくなるわね。
でも、今年は「喪中」だったよね?
そうすると、お正月の来客は少なくて、お嫁さんとしては、ちょっ
と楽なお正月、と言うことになるのかしら?

前話の「58話」から1か月以上が経過。
その間に、家族写真の発表があったり、イベントがあった
り・・・・。
「創作」を書く気になれないほど、心はヨンジュンに行ってまし
た。

このお正月休み、まとめて一気に・・・と、思っています。
みんなが忙しい時期にこそっと出して「完結」と言うのもいいか
な・・・って。

コメント削除

9. 雪と水さん、おはよう。

2010/12/27 08:47 ゆあ44

お正月はご実家の長野で過ごされるんですね?
あちらは雪・・・大丈夫ですか?
昨日のNEWSでは、東北は大雪って、言ってましたよね。

さて、「創作」の中のインスのことですが。
【インスは静岡に行く事になったんだ。そうさせたのは何故?】
・・・の答えですが。

それは、「皆さんの要望にお応えして」です(笑)
と、言うのは冗談ですが、【これがめぐり合わせなのだと、頑なに
思う僕がいた】・・・が、答えらしきものと受け止めていただくと
ありがたいです。

もっと簡単に言うと、理性とは裏腹に本能的に「ユキに会いたい」
そう思った・・・って、ことになるかな?

おそらく、続きは年内に・・・。
実家から、お帰りになって、お時間がある時にまた、お付き合いく
ださい。

コメント削除

10. anohitohaima さん、おはよう。

2010/12/27 08:54 ゆあ44

皆さんにも行ってますが、主婦が一番多忙な時期に「創作」にお付
き合いくださり、本当にありがたく思っています。

そして、文章の中から、【全ては、膨大な量の在り得ないことの中
に埋もれた奇跡】・・・この部分を拾い出してくれてありがとう。
「奇跡」とは大げさかな?と思いつつもその他に適当な言葉が思い
つかず、そうしました。

「膨大なあり得ないこと」の中で、私たちは生活してますよね。
先日のセントレアのこともそう。
あり得ないことの中で、いくつかの「ラッキー」が重なって、それ
が喜びになりました。

インスを早く幸せにしてあげなくちゃ・・・が、これを書いてる私
の義務のように思えてきました。
ヨンジュンの幸せももちろん望んでいますが、次々に登場するヨン
ジュンがあまりに素敵で・・・。

「彼の結婚」はますますNGになりました。(ごめん)

コメント削除

11.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/28 01:39 JIN

こんばんは^^)/

運命の糸を・・・やっと手繰り寄せられる時がきたのかしら。。。

≪結婚は・・出来ないからしない 他に理由なんてないさ≫
インスのセリフに思わず・・ヨンジュンを重ねてしまったわ^^*

タケルのちょっと遠足気分の軽さとインスの心の奥底にある熱い思
いが対照的で温度差のある二人の会話が面白いわ・・。

星降る町で・・インスとユキはどんな再会をするのでしょう。。。
年末年始もPCから目が離せないわ^^;

インスにも幸せが待っているのね・・最後のクライマックス(?)
気になるぅ~♪

コメント削除

12. JIN さん、こちらにもコメントをありがとう。

2010/12/28 09:01 ゆあ44

前話UPから、ひと月以上。
いつもその回をUPすると、次の出だしはこうしよう・・・って、
思うんだけど。
数日経つと、いや、この方がいいかな・・・なんて、思い始めちゃ
って。
それで、すぐにひと月くらい経っちゃう。

どうにか、シズオカ行きの飛行機にインスを乗せることができたの
で、あとは迷わず行かせること。

静岡なんて土地勘ないし、またネット検索だけが頼り。

それにしても、このお話を書き始めた時、最終章は「茶畑」のある
静岡・・・って決めてたけど。
本当にヨンジュンが降り立つことになるなんて・・・ねえ。

コメント削除

13.Re:創作の部屋~朝月夜~<59話>

2010/12/28 22:52 joonyaya

こんばんは^^

こちらにたどり着くのが遅くなりました。

いよいよ、インスとユキの再会?^^
静岡で、運命が変わる~?
ユキは、果たして静岡でどのように暮らしているんでしょう。
大切な人って?

年末・・楽しみにしています^^


14. joonyaya さん、おはよう。

2010/12/29 08:19 ゆあ44

皆さんにも、言いましたが、お忙しい時期に≪インス≫にお付き
合いくださってありがとう。

野球も年内の行事をすべて終えて、今は新年を迎える準備中でしょ
うか?
私は、、今日まで仕事。
先日、ちゃこちゃんが家のワックスがけをした・・・と書いていた
ので、私も頑張ろうかな?と思ってます。

年内に続きが書けるかどうかは、自信がないですが。
クライマックスが大晦日・・・って言うのも、ちょっといいかなっ
て思ってます。

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 73
TOTAL 3471638
カレンダー

2022年12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロコリblog