2009/08/16 13:34
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<41話>

Photo





「スジョンはどこにいるんだ!」

あらゆるものに対する怒りが僕の胸に渦巻いていた。

それは、突然死んでしまったスジョンに対して。

スジョンの元気な姿を見て、肩の荷を降ろしたような気分になった数時間前の自分に対して。

誠意のない警察官の応対に対して。

さらに、自身の「誠意」を棚に上げて、警察官を責める自分に。


「病院に・・・」

「だから、その病院はどこだと聞いているんだ!」

怒りの矛先を目の前の警察官に向けている自分自身が嫌になった。


取り乱すだけで、要領を得ないスジョンの母を相手にしていても仕方ないと判断した僕は、電話を切ってすぐに警察に駆けつけたのだった。


病院の名前がメモされた紙片を警察官が差し出した。

「病院に搬送されたものの・・・即死状態で・・・」

「そんなことは解っている」

解っている・・・と、答えながらも本当は、何も解っていなかった。


解るはずがない。

スジョンは数時間前、僕の目の前で笑っていたのだ。


僕は、警察官から、紙片を奪うと病院へ向かった。

ハンドルを握りながら、先ほどの警察官の言葉が甦る。


「目の前に急に飛び出して来て・・・。ブレーキを踏む間もなかったと・・・。運転手は、まるで自殺行為だと言っています」

遠慮がちな言い方ではあったが、明らかに運転手を庇っている口ぶりだった。


スジョンは、自らトラックに向かって身を投じたのか・・・。

そんなことをする理由がどこにあるんだ・・・。

数時間前に交わしたスジョンとの会話を何度も反芻してみたが、「自殺」を連想される言葉は何ひとつなかった。


「なぜなんだ!」

行き場のない怒りが、再び湧き上がって来た。


                


数人の友人と近親者でスジョンを見送った。

参列者の中には、僕の両親の姿もあった。

離婚したからと言っても、嫁として親しくしていた時もあったのだから・・・と、母は言った。


「結婚も離婚も親に何も相談せず、ひとりで決めちゃって・・・。スジョンはこんなことになっちゃうし・・・。ちゃんとご飯食べてるの?夜は早く寝てる?仕事も大事だけど、たまには帰ってきたら?」

そう言って、母は僕の手をそっと握り締めた。


僕の手は、母よりずっと大きいのに、母にとっては僕はいつまでも子供らしい。

ソウルに来ることもめったにないから、数日間滞在して僕の面倒を見ると母は言った。


「インスは、大人なんだ。ひとりでも大丈夫だよ」と、父が僕の気持ちを代弁するように言った。

無口な父は、黙って僕の肩を叩くと、母を促して帰って行った。


スジョンと結婚した時からずっと、両親は孫の誕生を待ち望んでいた。

たとえ結婚はしていなくても、ユキとの間に子供ができたことを両親が知ったら、きっと喜んでくれただろう。

その子供を失ったと知ったら、父と母を奈落の底に突き落とすことになる。


遠去かる両親の後姿を見送りながら、ユキとのことを話さずによかったと僕は思った。


                  


「呼び出してごめんなさいね」

待ち合わせ場所のカフェに僕が到着すると、スジョンの母は申し訳なさそうに頭を下げた。


「元気そうでよかったわ・・・」

「お義母さんも元気そうで・・・」と言ったものの、僕の目には義母はひと回り小さくなったように映った。


スジョンが亡くなってから、義母と会うのは初めてだった。

季節は、晩秋から初冬へと変わり始めていた。


「スジョンの物をやっと片付ける気になって・・・」

義母は1冊のノートをテーブルの上に置いた。

僕は、ノートを手に取り、ページをめくった。


日付と曜日とその日の天気。

それは、スジョンが書き残した日記だった。

退院して数日経ってからのもの・・・日付を見てそうだと解った。


『○月○日。いいお天気。母と買い物に行って、花を買った』

『○月○日。映画が観たい・・・。でも、ひとりでは行く気になれない』

たった1行で終わる日もあれば、その日観賞したDVDの感想を長々と綴っている日もあった。



書店で見つけた本のこと。


友人を招いてお茶を飲んだこと。



さらにページをめくる。


日記に綴られた内容は、他愛もない日常のことが続いていた。


自ら命を絶たねばならないような動機も理由も感じられなかった。



義母はなぜ、僕にこれを見せる気になったのだろうかと思った。


「これを届けるために・・・?」

僕を呼んだのですか?と聞きたかった。



「生まれ故郷に帰ろうと思うの」
問いかけたこととは違う答えを

義母は言った。



                 


「あなたに会うのも今日が最後だと思うわ」


スジョンの母の故郷がどこなのか僕は知らない。


「愚かな母と思うでしょうね。いまさらこんなものを持って来

て・・・。でも、スジョンのためにしてあげられることがこんなこと

しかなくて・・・」



2杯目のコーヒーを勧めにウエイトレスが来た。


義母は静かにそれを断り、ウエイトレスは僕のカップにコーヒ

ーを注ぎ、軽く頭を下げて去って行った。



「今までいろいろとありがとう。あなたには本当に感謝している

わ。葬儀に参列してくださったご両親にもあなたからお礼を言

っておいてね」そう言って、義母は席を立った。


「まだ、コーヒーが残っているわ。ゆっくりしていって」同時に席

を立った僕を制して義母は言った。



「お元気で・・・」


「あなたもね」


最後の挨拶を交わし、義母は帰って行った。


僕は2杯目のコーヒーに口をつけ、タバコに火を点けた。

開いたままになっていたスジョンの日記に視線を戻し、ページ

をめくった。


『○月○日 インスに会いたい』

それは、事故の2日前に書かれたものだった。

隣のページは空白。

さらにページをめくった。


僕の視線は、1行目の文字に釘付けになった。

『生涯でただひとり愛した人・・・キム・インス』

手を伸ばしたコーヒーカップが、カタカタと音を立てて震えた。


               


『会った瞬間から恋に落ちた。
 
告白の言葉を何日もかけて考えて・・・。

 
結局、「あなたが好きです」としか言えなかったあの日。

インスは、優しく微笑んでその言葉を受け取ってくれた。


初めて結ばれた日のこと・・・。

結婚式の日のこと・・・。今でも、よく覚えてる。

インスと暮らした日々は、私の人生で1番輝いていた時。

幸せだった・・・。


なのに・・・その幸せを自らの手で壊した私。

お互いの仕事が忙しくなるにつれて、ふたりで過ごす時間が

少なくなっていった。

仕事が忙しいことを理由に、家事を手抜きしたくなかった。


「無理をするな」とインスは私を労い、家事の分担を提案してく

れた。

家事をそつなくこなすことよりも、仕事で成果をあげることをイ

ンスは喜んでくれると私は思うようになった。

その思い込みが、私の勘違いであったのだと、今になって気

付いた。


勘違いしたまま、私はインスに褒められることばかりを考え仕

事に没頭した。

子供を作ると言う計画もいつしか忘れた。

そして、インスに甘えることも忘れた。


どうしようもなく落ち込んだ夜、やさしく抱きしめてほしいと言

いたい気持ちも。

キスをせがみたい気持ちも、全て封じ込めた。

そうすることが、インスに愛され続ける方法だと思った。


すれ違いが多くなり、体を重ねる回数も減った。

だから、インスが私を求めてくれる時は、ものすごくうれしかっ

た。

愛されていると実感できたから・・・。

でも、それを上手に表現できない女になっていることを私は感

じていた。


どうしようもない寂しさを癒す手段として、私は他の男に身を

任せた。

そうすることが、インスとの生活に破滅をもたらすことになると

解っていて、私は自分を止めることができなかった。


相手は、誰でもよかった。

結果的に、肉体的には満足を得られても、心は乾いたままだ

った。


インスに好きな人ができたと告げられた時も、私は平静を装っ

た。

自身が犯した罪の報いを受ける時が来たのだと悟った。

最後まで強い女を演じることが、インスに対する謝罪に思え

た。


夫がいる身でありながら、他の男と関係を持った罪深い女の

心には、今も尚インスへの愛が燻り続け、鎮める方法が見つけ出せない』


                


「スジョンのためにしてあげられることがこんなことしかない」

義母の残した言葉の意味がやっと理解できた。

他には何も考えられない。


ただひとつ言えることは、たったひとりの女も幸せにできなかっ

たのに、別の女に恋をした。

そして、新しく芽生えた命も恋も守れず、平然と生きている男

がここにいるという事実だけだ。


長くなった右手のタバコの灰が、カップの中に落ちたことも気

付かなかった。



[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 15:09 kaoru922

んーーーん・・・・絶句。私自身外に仕事を持たずにおよそ30年・・・お互
いに仕事を持つご夫婦のすれ違いの何たるかを理解できない人間で、
やはりすれ違うほど空虚感があり、言葉に出してもいえない空気を感じ
るのかな~?と。スジョンもこのようになるまで苦しみと悲しみと空虚感
を感じていたのかな~?生きていれば人の感情にはTPOが生じるもの
なのでしょうが・・・あまりにも突然のスジョンの行動と書き残した文章に
またまたインスの心が~~~。今後一人になっちゃったインス!どうす
るのぉ?ゆあさんお久しぶりですね^^♪忙しくしているのかしら?と毎日
尋ねておりましたよ!今他所を見ていたら突然馴染みのHNが目に飛び
込んできました!@@!体調大丈夫でしたか?とても懐かしさを感じま
す☆無理しないでね^^V

コメント削除

2.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 15:20 marymory

 ゆあさん、こんにちは。

 相変わらず暑いですね 元気ですか?

 ちょっと苦手な部分もあるんだけれど^^::
 
 久し振りにゆあさんの創作が読めて嬉しいです。

 今のインスの心模様は、どん底ですね。。。。。

 私 マリーが慰めてあげられたら・・・・・・笑

 怒涛のお盆の最終日 のんびりと音楽を聴きながら読ませて
 頂きました。

 まだまだ暑いので 体気をつけて下さいね

コメント削除

3.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 15:34 anohitohaima

スジョンの女心が、とても切ない

「四月の雪」で意識が戻ってからのスジンの表情を思い出すなぁ~



一生懸命お仕事頑張る事でインスの愛に応えようとしたのね

可愛く甘えながら自己啓発するってなかなか難しい

朝月夜に登場する人みんないい人

でも、不器用で、やさしいゆえに愛する人を傷つけてしまう

スジョンは最後に自分の気持ちを素直に出せたのかもしれない


インス、自分を許して、前を向いて歩き出せるかな・・・

心の視界からユキは消えてしまったのだろうか



何かと忙しい中、創作UPありがとう

2日ほど前、インスを語るヨンジュンのインタビューを

久しぶりに観ました・・・とても愛おしく感じたわ

コメント削除

4.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 16:02 ハリーママ

インスは スジョンの本当の気持ちを知ってしまった・・・。
でも スジョンには もう2度と会えない・・・・。

これから インスは どうなるのでしょう。
日記を 読んでしまったのは かわいそうな気がする。
お義母さんは 娘の本当の気持ちを インスに知ってほしかったのね、
でも 離婚した相手なのに・・・今更・・・・。
インスは 苦しむことになりそうで 辛いです。

ユキ・・・の 本当の気持ちも 知ってほしいんだけどなぁ。
やはり ハッピーエンドまで 遠いね。

コメント削除

5.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 17:37 fukuyong

こんにちは^^

今日の「創作物語」私の頭では理解するのが難しいわぁ・・

「生涯でただひとり愛した人」何故に・・・他の人に・・

ゆあさん、お元気でしたか・・気になっていましたが・・・

無理をなさらないでね・・・

コメント削除

6.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 19:59 april snow

女心は複雑怪奇・・・読みとれないよね^^;・・こんなに複雑じ
ゃ・・。
インスどうなっちゃうんだろう・・・。ユキも・・子供も元気かな
ぁ・・。
それにしても・・・・新進気鋭の女流作家並みだね・・^^

まだまだ暑いから・・・無理しないでね・・・。


7.kaoruさん、こんばんは。

2009/08/16 21:32 ゆあ

いつもお気遣いくださって、ありがとう。

ここ数日、暑さのせいでしょうか・・・我が家のPC非常にご機嫌が悪い。

近所の友人に「出張」してもらって、見てもらったのですが、「買い替え時
じゃない?」と言われました。

難しいことは何も解らず、何とかだましだまし、使用しています。

私は3年間共働きの経験があります。(正社員としてのね)

家事はどうしても女の仕事で・・・。

私ばかりがなぜ・・・?の連続でしたが、それなりに互いの時間をエンジョ
イしてました。

今の若い人たちは、もっともっと夫婦生活を楽しんでいるでしょうね。

最近の若い男性は、家事にも協力的だから・・・。

kaoruさんのご子息もそういう「夫」になるでしょうね。

これは、まだ「禁句」だったかな?

コメント削除

8.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/16 23:16 カナリーグラス

『朝月夜』・・・このお話の着地点はどこにあるのだろう??

ゆあさんの頭のなかでは決まっているのだろうけど、
私には、わからなくなってきたわ。。

これまでは、とにもかくにもユキのことだけ考えていればよかったけど、
遺されたノートからスジョンの気持ちを知ってしまったインスが
今までどおりでいられるのかどうか・・・気になります。

可愛く振舞えなかったスジョンにも、ある意味可哀想な女性だったな・・
という思いも持ちました。


本編の「4月の雪」に、今更ながら興味を持ち、撮影日記を
購入してみました。。。  あのころのヨンジュンに想いを馳せたく
なって・・・^^

いろいろ大変でしょうが、無理をしないでね・・・
創作、書いてくれてありがとう・・・。

コメント削除

9.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/17 00:26 joonyaya

ゆあさん、こんばんは^^

どうしていらっしゃるかと思っていたら・・・
こんなに、複雑な創作を書いてくださっていたんですね^^

インスの心中は、どうなんでしょうね。

ユキも、スジョンのように、素直に愛を表現できない?
相手を思いやることが、愛だと思って・・・

インスの今後が、とても気になります。

ユキとの再会は?

お時間のあるときに、無理せずに書いてくださいね^^

コメント削除

10.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/17 09:18 雪子

いつも楽しみにしています~
ゆっくり続きを待ってます^^/

きっと“スジン”も、スジョンと同じね・・・

当時、JOONは「二人の関係は学生時代から続いていたと思う」
と言っていたけれど・・・

私は、結婚後、数年経っての再会だと感じました。

このコメントを聞いて
やはり、(裏切った)妻に対して厳しい人だと思ったもんです^^


コメント削除

11. marymoryさん、おはよう。

2009/08/17 09:50 ゆあ

お盆は忙しかったですか?

一族大集合だったりして・・・。

さてさて、苦手な場面とは、「体を重ねる・・・」とか言う、描写かな?

いやいや、 marymory さんに限って、そんなことはないと・・・私は思っ
ていますが。

本物の「四月の雪」の中で、スジンにちょっと加担したい思いがある私
は、「創作」の中でも、スジョンを救済したくなっちゃって。

浮気は、文字通り「浮気」

真実の愛は、インスだったということで・・・。

この点は、賛否両論あると、覚悟(?)してました。

コメント削除

12.anohitohaimaさん、おはよう。

2009/08/17 09:55 ゆあ

今日も暑くなりそうですね。

地元甲子園では、連日熱戦が繰り広げられて。

応援していた学校も早々に敗退してしまって、今年の大会は、いまいち
乗れません。

この創作を書き始めるに至って、本編「四月の雪」のスジンの心境を(私
なりの)どこで表現しようかと思ってました。

それを実現できて、片方の肩が軽くなった気分です。

スジンのギョンホに対する気持ちは、あくまでもインスで埋められないも
のを求めてのこと・・・と思っていますので。

コメント削除

13.ハリーママさん、おはよう。

2009/08/17 10:03 ゆあ

ご主人の実家に行っていた・・・そうですよね?

帰ってきたばかりで、忙しいところコメントをありがとうございます。

スジョンのお母さんは、「スジョンが本当に愛していたのはあなただけな
の・・・」という事実をインスに伝えたかった。

誤解されたままではかわいそう・・・という、親ならではの心情です。

自分の夫で満たされないからって、他の男に走る・・・弁解の余地はない
のですが、どうしようもない寂しさの果てに、そういった行動に出る可能
性は無きにしも非ず・・・。

ただ、相手が見つからない・・・と言う、現実も多いですけどね(笑)

コメント削除

14.fukuyongさん、おはようございます。

2009/08/17 10:15 ゆあ

理解しがたい・・・ごもっともな意見だと思います。

「四月の雪」のスジンが、インスを求めてやまなかった(やさしさとか、精
神的なふれあいを)と、私は思っているので、「創作」ではこういう展開に
しました。

インスの前でかわいい女になれなかった・・・スジンにもスジョンにも言え
ることです。

スジョンを援護したいという気持ちで書きましたのでお許しを・・。

ここ数日、PCの調子が悪く、1週間前から書き始めた「41話」ですが、U
Pするのが遅くなりました。

コメント削除

15. april snow さん、おはよう。

2009/08/17 10:33 ゆあ

女心は複雑怪奇?

きっと、世七課の女性陣の誰もがそういう要素を含んでいるんでしょう
ね。

それを己で自覚しているかどうか・・・。

そして行動力があるかないかの違いで・・・。

この年になって、異国の俳優に夢中になるのも夫達から見たら、大いに
「複雑怪奇」の現象かも。

反対に夫や彼氏がこれほど女優に嵌っていたら・・・「変だよ」って、きっ
と言ってる。

コメント削除

16.カナリーグラスさん、おはよう。

2009/08/17 10:38 ゆあ

ご主人の実家から、戻ったばかりなのにレスをありがとう。

本当は、もっと早くにUPする予定でした。

なのに・・・このPC「文字」がまったく打てなくなっちゃった。

お気に入りの画面を眺めることはできるのに、字が打てない。

1日、まったく稼動させなかったら、何とか復活できました。

私も「結末」が解からなくなってきた・・・・。

ただ、スジョンの気持ちを知ったからといって、ユキへの思いが変わるわ
けではないです。

心では思っているのに、行動に移せず悩む・・・それが「私のインス」か
な?

コメント削除

17. joonyayaさん、おはよう。

2009/08/17 10:44 ゆあ

日々のブログの更新はすっかり忘れて、「創作」だけ書いてます。

楽しい話題の「ネタ」がないもので・・・。

息子さんの野球に付き合って、 joonyayaさんも日焼けしてるでしょ
う?

我が家の息子、野球で日に焼けてる上に、友達と海に行ったものだか
ら、まるで「異国人」のようです。

でも男の日焼けって・・・私は好きです。

ヨンジュンは、日に焼くことも許されないのかな・・・。化粧ののりが悪くな
るとか言われて。

「創作」は、気の向くまま書いてますので、お時間があるときだけお付き
合いくださいね。

コメント削除

18.雪子さん、おはよう。

2009/08/17 10:48 ゆあ

私も結婚後、数年経ってからの「再会」だったと思うなあ・・・。

ところで、ヨンジュン自身の「再会」はあるんでしょうか?

胸の中にくすぶり続けている「思慕」はあるんでしょうか?

それともきれいさっぱり忘れてしまう性格なのかな?

最近、「結婚観」を聞かせてくれないけど、「3年発言」はやはり「机上の
空論」(?)だったのかしら?

だったらそう言って・・・(笑)

コメント削除

19.創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/17 17:28 joonsky

暑くお忙しい日々の中で、PCのご機嫌まで伺いながらの<41話>をあ
りがとうございます。 昨夜一気に読ませていただいたのですが、読み
終えていつもの様にすぐにコメントを・・・とは、中々行動に移せませんで
した。 何故?なぜ?ナゼ? この言葉ばかりが頭の中で渦巻いていま
した。 何故スジョンの母は今になって日記を? あぁ、その前になぜス
ジョンの母は前回スジョンが病院に運ばれた時にインスに知らせるという
気になったのか? あの時にインスが病院に駆けつけなければ、それ以
後かかわり続けなければそれからのインスの苦悩は軽いものになった
のでは?と。 自分の娘が原因で離婚に至ったことは分かりきっている
母なのに、もう他人なのになぜ今になってインスを娘の揉め事に引きず
りこむのか、そしてインスを頼るのか、その為にインスはユキさんとの連
絡もとれず、誤解と疑いが生じ、現実ユキさんの元に行く時間が作れず
に関係に亀裂が入ってしまった。結果、いまだにインスはユキさんを想
いながらどうする事も出来ないまま。 「スジョンの為にしてあげられる事
がこんなことしか・・・」と母は言いますが、果たしてそれはインスの為に
なると思っているのでしょうか?どれ程の苦痛をインスに与える事になる
のかを、日記を渡す前に判断すれば・・・。スジョンも「自身が犯した罪の
報いを受ける時が来たのだと悟った。・・・・・・インスに対する謝罪に思え
た。」と書いています。 インスに対する思いがどの様に残っていても、そ
れはスジョンの思いであって、今のインスはやっとスジョンとの離婚以
降、ユキさんという女性にめぐり逢えて新たな愛が始まったばかりなの
に、スジョンが入院した頃は何か「前妻の影」が執拗に二人にまとわりつ
いているように思えてなりませんでした。 何だかインスには一時(いちど
き)に苦悩の塊が押し寄せてきたようで、今度はインスの精神状態が心
配になって来ました。今のインスに心の拠りどころは???


20.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/17 19:36 歌姫ちゃこちゃん   

ゆあさん♫ こんばんは~☆

ああ・・・ゆあさん・・・インスをイジメ過ぎだよ~~(爆) 

ゆあさんは「女」の立場(スジョンの立場)から今回は書いてるな~って
思って読ませていただきました♫ インスを裏切った妻の立場・・・悲しい
真実だったけど・・・それを知ったインスは どう??・・・もっと悲しい。

インスをボロボロに痛めつけて・・・それでも最後は インスに微笑みが戻
りますように!!歌姫はひたすら インスのためにお祈りしちゃう!!

コメント削除

21.Re:創作の部屋~朝月夜~<41話>

2009/08/18 00:10 ゆき☆

こんばんは(^O^)/

パソコンの調子が悪い中、アップしてくれてありがとう。

この事実を知ったインスが自分を責めることばかりに

ならなければ良いのだけれど・・・

責めすぎてユキのことも思えなくなってしまったら。。。

う~ん、辛いよぉ~(T_T)

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 427
TOTAL 3633726
カレンダー

2024年6月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブロコリblog