2012/12/04 08:51
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

あの日の六本木。

Photo











もう何年前になるんでしょうか。

チュンサンを大画面で観たいと言う夢が叶って。

六本木の映画館で≪冬ソナ≫が上映された日。


第1話はカットだらけで、

再上映すると言うハプニングもありました。


上映されたヨンジュン作品は≪冬ソナ≫だけでなく、

≪ホテリアー≫へと続き。

終わってみれば、

なんと20週!六本木に通ったことになり、

驚きと笑いに包まれたあの頃。



映画館のすべてのスクリーンがドンヒョクに「占拠」されて、

歓喜の拍手が巻き起こったこと。



なんだかずいぶん昔のようにも感じるし。

つい昨日のことのようにも感じます。


テレビで観て。

DVDでも数えきれないほど観た作品を

再び映画館で観る・・・。

しかもチケットは、争奪戦。


平日の午前中。

映画館が最も空いている時間帯に

多くの集客ができたことで、

映画館側は笑いが止まらなかったはず。

それはヒルズ内のレストランも同じだったでしょうね。



月日は流れ。

久しぶりにヒルズに上ってみたら・・・。

お喋りに明け暮れたイタリアンのお店は、

和食のお店に変わっていました。




日曜日。




9月にユン・シユンが来店した「つるとんたん」で、

ヨンジュン家族の友人たちとランチ。


9月に娘と食した「つるとんたん」のおうどんを

友人たちにも食べさせたくて、

私が選んだ集合場所でした。






その後、

途中少しばかり紅葉した六本木の街を楽しみながら、

ヒルズへと向かいました。



↑途中のけやき坂。



↑テレ朝の庭園



↑ヒルズ内のお店で。



ヒルズ内でお茶しながら思うことは、

ペ・ヨンジュンのこと。


この六本木で、

大画面のペ・ヨンジュンに熱狂した頃のあの喧噪。

あれはいったいなんだったのでしょう。


みんなが同じ方向を向いて、

ひとつになって、

「ペ・ヨンジュンは永遠」と信じて疑わなかった頃。


まさか数年後「これからどうなる?」なんて、

お茶しながら語り合うことなど、

想像もしていませんでした。


六本木に通いつめた頃の熱い思いは、

いまだに心の中に残っています。


めらめらと燃えるような気持ちは鎮まり、

今はただ、静かに、

ペ・ヨンジュン登場を待っている・・・そんな感じ。



友人たちとの久々のランチは、

「来年こそは新作の発表があったらいいね」

の言葉とともに、お開きとなりました。



                                              






[1]

TODAY 374
TOTAL 3407930
カレンダー

2012年12月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブロコリblog